[サッカー]
大野俊三「大宮、横浜FMが好調な理由」

 早いものでJリーグが開幕して2カ月が過ぎました。目下、J1の首位は大宮アルディージャ。6勝2分けで、昨季から続く連続無敗試合数を18まで伸ばし、スタートダッシュに成功しました。05年にJ1に昇格して以降、毎年、降格争いに巻き込まれていたチームの躍進に驚いている人も多いでしょう。なぜ、大宮は負けないのか。それはチームの戦い方が明確だからです。

大宮の強さは“ゾーンプレス”にあり

 大宮の特徴は、いわゆる「ゾーンプレス」。指揮を執るズデンコ・ベルデニック監督は、日本にゾーンプレスを持ちこんだ人物と言われています。ベルデニック監督が昨季途中から就任し、大宮は生まれ変わりました。

 ゾーンプレスとは、相手のボール保持者にプレスをかけて追い込み、複数人で囲って奪う戦術です。奪った後はスペースの空いた逆サイドへ展開していきます。今はゾーンプレスという言葉こそ、あまり使われなくなりましたがが、この戦い方はサッカーのひとつのセオリーになっていると言えるでしょう。このゾーンプレスを選手全員が意思統一してできるよう導いたところにベルデニック監督の手腕の高さが伺えます。確立された自分たちのスタイルがあれば、選手たちはブレずに戦えます。つまり、戦い方が安定するのです。

 もちろん、戦術に結果が伴ってきた点も大きいでしょう。大宮は昨季、10試合連続不敗でシーズンを終えました。それだけに「こうすれば勝てる。引き分けまで持っていける」と自信を持った上で、開幕を迎えたように感じます。今季も結果が出ていることで、さらに手ごたえをつかみ、チームの雰囲気が良くなるという好循環が生まれているのではないでしょうか。第7節(4月20日)の浦和レッズとのダービーを制し、第8節(4月26日)には天皇杯覇者である柏レイソルを4-0で撃破したことで、その自信は揺るぎないものになったはずです。

 これからは他クラブもより対策を練ってくるでしょうから、思うように結果が出ない時期が来るかもしれません。ただ、ゾーンプレスというひとつのかたちができた以上、無理な戦い方は避けたほうがいいと思います。うまくいかないからと言って、個人でむやみにプレスをかけてしまうと、チーム内の連動性を欠き、ほころびが生じます。現状は組織立った守りでボールを奪えているわけですから、それを続けていくことが大切です。