[障害者スポーツ]
伊藤数子「“できない”と思ったことが“できた”ときに得られるもの」

~キッズチャレンジプロジェクト~
笑顔がはじける子どもたち

 3月31日、私たちNPO法人STANDが主催する「キッズチャレンジプロジェクト」では、障害者スキー体験会を行ないました。参加したのは小学2~5年の8人。その中には身体に障害をもち、ふだん車椅子を使用している子どもたち4人がおり、チェアスキーにチャレンジしたのです。私はそこでまた、スポーツの力を感じることできました。

「嫌だよぉ。僕、やりたくない……」
 午前9時、障害者スキースクール「NPO法人ネージュ」の協力のもと、チェアスキーの体験会が始まりました。すると、ある一人の男の子が泣き出してしまいました。ふと他の子を見ると、いつもは元気いっぱいの子が、口を真一文字にして、緊張のあまりカチコチになっています。見るのも触れるのも初めてのチェアスキーに、不安を感じていたのでしょう。そんな子どもたちの様子に、私も一抹の不安を覚えました。
「大丈夫かな。子どもたちは楽しんでくれるかな」

 しかし、それは杞憂に終わりました。1時間もすると、子どもたちのはしゃぎ声がスキー場に響くようになっていったのです。その時、私はある人の言葉を思い出しました。
「大丈夫ですよ。最初は緊張したり、怖がったりしていても、最後には必ずみんな笑顔で『また滑りたい!』って言いますから」
 今回の企画を相談しに行った際、私にそう言ってくれたのは「ネージュ」の理事長・稲治大介さんでした。見ると、子どもたちは2台しかないチェアスキーの取り合いをしています。はじめは、恐る恐る乗っていたのに……。あまりの変貌に、私は思わず笑ってしまいました。それほど、実に微笑ましい光景だったのです。

人生の転機となった“疑問”

「ネージュ」を創設した稲治さんは、もともとは東京に本社のある企業に勤める普通のサラリーマンでした。その稲治さんが、なぜ縁もゆかりもない新潟県の湯沢町に、障害者を対象にしたスキースクールを開こうと思ったのでしょうか。きっかけは、ボランティア活動の際に、ある疑問を抱いたことにありました。

 10数年前、稲治さんが勤めていた企業がサポートする海外の演劇に、障害者の施設に通う子どもたちが参加した時、稲治さんはボランティアスタッフとして、そのお手伝いをしました。稲治さんが障害者とのかかわりをもったのは、この時が初めてだったそうです。すると、稲治さんの耳に、こんな言葉が聞こえてきたのです。
「あぁ、良かった。無事にこの日を迎えることができて……。何カ月も前から準備してきたんですから」
 そう言って胸をなでおろしていたのは、子どもたちを連れてきた施設のスタッフでした。

 稲治さんはそれを聞いて驚いたそうです。
「えっ!? 子どもたちを演劇に連れてくるだけで、そんなに長期間の準備が必要だったの?」
 聞けば、会場まで事故が起きないように行くには、会場でトラブルにならないようにするにはどうすればいいのか、こんな時は、あんな時は……と考え得る限りのシーンを想定し、対策を練ってきたのだそうです。

「障害があるというだけで、演劇に行くにも、そんなに大変だなんて……もっと気軽に行動できればいいのに」
 そう感じた稲治さんは、あることに気づきました。
「自分はよくスキーをしにスキー場に行くけれど、そういえば、障害のある人たちを見たことがない。そんなの、おかしいんじゃないかな……」

 追々調べてみると、新潟県の湯沢町に障害者を対象にしたスキースクールを見つました。稲治さんは、そこで大胆な行動に出ました。1年後、勤めていた会社を辞め、そのスクールのインストラクターに転向したのです。そして、そのスクールで6年ほど勤めた後、2006年9月に「ネージュ」を創設したのです。