賢者の知恵
2013年05月04日(土) 週刊現代

NHK『あまちゃん』に出演する小泉今日子を見て思うこと ほぼノーメークで素顔をさらすキョンキョンすごい覚悟だけど、ちょっと寂しい

週刊現代
upperline

朝ドラ『あまちゃん』の撮影に臨む小泉今日子のノーメークぶりが物議を醸している。「なんてったってアイドル♪」と歌ったキョンキョンも、もう47歳。そりゃシワくらいはあるだろうけど……。

ここまでさらけ出すとは

〈毎朝キョンキョンが拝めるありがたみ。NHKありがとう〉

〈小泉今日子の演技が素晴らしくて、開始5分で涙が出てきた〉

 という絶賛の声があれば、

〈小泉今日子の劣化がひどい……〉

〈こんなキョンキョン、わしは見とうなかった〉

 という声も。ネット上に賛否両論が溢れている。それほどにNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が、話題を呼んでいる。

「視聴率も初回から20%超えという7年ぶりの高水準です。ヒロインに抜擢された新進女優・能年玲奈をはじめとする隙のないキャスティング、コメディの名手・宮藤官九郎が手がけるNHKらしからぬ脚本、話題作『ハゲタカ』('07年)の制作チームによる行き届いた演出など、高視聴率の要因は色々あります。

 しかし、なかでもいちばんの理由は小泉今日子の際立った存在感だと思います」(元テレビプロデューサーで、上智大学教授の碓井広義氏)

 舞台は海女の後継者不足に苦しむ、東北の過疎の町「北三陸」(岩手県久慈市をモデルにした架空の町)。小泉今日子演じる天野春子は、ここに生まれた。

 春子は、高校に上がる頃には不良少女(ヤンキー)に成長。一方でその容貌から学園のアイドル的存在でもあった。そんな18歳の時、観光協会と母(宮本信子)に海女になることを強いられ、家出。東京に行ったまま、24年間帰らないばかりか、連絡さえしなかった。その間、東京で結婚し、アキ(能年玲奈)を産むが、離婚問題を抱え、娘を連れて故郷へ帰ってくる。いわゆる「出戻り」だ。

次ページ  故郷の友人たちに「海女を継い…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事