[裏方NAVI]
大木学(帝京大学ラグビー部アスレティック・トレーナー)<後編>「チームを救った“準備”」

「リハビリが遅れている原因は、どこにあるのだろう……」
 昨年7月、アスレティック・トレーナー大木学は、ある選手の状態が気になっていた。当時、2年生の権裕人だ。彼はレギュラーになるべく選手であり、4連覇には欠けてはならない選手の一人として考えられていた。だが、春にハムストリングスの肉離れに見舞われ、リハビリが続いていた。しかも、回復の進行は大木が予想していたものよりもはるかに遅れていた。

 帝京大学ラグビー部では、本格的なシーズンに向けて、毎年夏に長野県の菅平高原で強化合宿を行なっている。それには必ず間に合うように、大木は同僚トレーナーの行なう権のリハビリを見ながら、復帰スケジュールを頭に描いていた。ところが、合宿1カ月前だというのに、本格的な走り込みができず、復帰の目処はたっていなかったのだ。

 大木には思い当たることがあった。権自身の気持ちだった。
「権は1年生の時から期待されていた選手で、監督やコーチからも『今年はトップチームに必要な選手だ』と聞いていたんです。もちろん、本人としてもそのつもりでいたと思います。でも、リハビリしている姿を見ていて、なんだか気持ちが甘いんじゃないかと感じたんです。『決勝戦に行きたいな』くらいの気持ちでいるように、私には思えました」

 大木は権に「オマエはいったいどういう気持ちで今、リハビリをしているんだ?」と問いただした。普段とは違う大木の厳しい口調に驚いたのか、権からはその場ではっきりとした答えは返ってはこなかったという。そこで大木は、自分の気持ちを語った。
「オレはオマエに選手権の決勝に出場して、ベンチではなく、グラウンドの中で試合終了のホイッスルを聞いて欲しいと思っている。だから、オマエもそれくらいの気持ちでリハビリをやってほしい」