未来を切り拓こうとするすべての人に。『ロジカルな田んぼ』

レビュアー:土屋 敦

 またしても、素晴らしい本に出会ってしまった。このコメ作りをめぐるささやかな一冊が、まさかこんなにも生きるヒントに満ちているとは、ぼく自身、思いもしなかった。もし今、自己啓発書やスキルアップ系ビジネス書を読んでいる方がいたら、今すぐそれを閉じ、何よりまず、この本を読むべきである。

 まず読者にお願いしたいのは、「なんだ農業の本か」、とこのレビューを読むのを止めないでほしい、ということだ。たしかに本書には稲づくりのことが書かれている。もちろん「食」や「有機農業」に興味のある人も存分に楽しめるが、ぼくは、何よりビジネスマンや起業を目指す若者、何より不確定な未来を自分の頭で考えて生き抜いていこうと考えているすべての人に、この本を読んで欲しいのだ。

 著者の松下明弘の名刺には、「仕事・稲作。趣味・稲作。特技・稲作」と書かれているという。稲づくりが好きでたまらず、また中毒になるほど楽しくて仕方がなく、実際それを生業にして生きている。全国で初めて酒米「山田錦」を無農薬で育てた人物であり、通常はありえない、個人農家でありながら新種の稲を発見して育種し、品種登録さえしている、研究機関顔負けの実力者である(そして彼にそれができた理由は、趣味で突然変異や変わった品種を育てる稲の珍種コレクターだったからだ)。

 仕事として、徹底して研究しながら稲作りを行い、空いた時間は、趣味としてとことん楽しんで稲づくりをする(もちろん明確な境はないだろう)。日本では他に類を見ない、まさに「日本一の稲オタク」なのだ。

 言うまでもなく、ここに彼の「成功」(必ずしも金銭的な成功を指すわけではない)の理由がある。好きであること、楽しむこと、とことんそれをすること。HONZの成毛眞にも通じる哲学である。

 松下は、ダンボール製造工場勤務後、海外青年協力隊でエチオピアに行き、帰国後に板金工場へ就職。そして29歳で農業を始める。農家としては遅いスタートだ。

 そして、有機農業に取り組む。高邁なエコロジー的思想を持っていたわけではない。化学肥料と農薬を使うタイミングや分量まで国や県が指導する「慣行農業」は、極論すれば(あくまでも極論です)、日本のどの地域でも、誰がやっても同じものが作れる。何も考える必要はない。思考停止の稲作りなのだ。

 松下はまったく逆に、それぞれの地域に合った、その地域に特化した稲作りを行うため、「徹底して考える農業」をしたかったのだ。