奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」
2013年04月27日(土) 奥村 隆

奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」【第26回】
息子の心に、ナイフのように突き刺さった言葉

upperline

【第25回】はこちらをご覧ください。

急に無口になり、笑わなくなった

 どうやら、悪い予感が現実になったらしい。

 新学年が始まって2週間あまり経った先週のこと。息子は、小学校に通うことができなくなってしまった。

 すでに記したように、ほんの1ヵ月前の3学期が終わる頃、息子は、自分から楽しく学校に通うようになっていた(第25回参照)。帰宅すると、「(学校が)楽しかった~」と言い、友達もできた。それらは小学校に入学して以来、初めてのことで、僕も妻も「これは奇跡ではないか」と涙を流して喜んだ。

 今度は、それが真逆の方向に暗転して、最悪の状態に陥ってしまった。詳しくは後で説明していくが、息子は精神的に強いショック状態に陥り、日常的な行動をする気力さえ失ってしまったのだ。こういう事態になると、「発達障害を抱える子供の言動を予測するのは難しい」とつくづく思う。

 僕自身もASDを抱えているが、それがどんな言動や症状となって表れるかは、個々人によってまったく異なる。息子と僕では「時間にものすごく細かい」「数字に徹底的にこだわる」「人の気持ちに配慮できない」などの共通点があるが、全然重ならない特徴もある。

 だから、息子のことについては「一寸先は闇」だ。少しくらい物事が順調に進んだからと言って、油断は大敵だな---。そう思って、僕は溜め息を吐いた。

 始業式と入学式が終わってから、息子は急に無口になった。家にいても、ずっとぼんやりした無表情になって、笑うこともなくなったのだ。

 いつもは食事の席でも、学校で勉強したことをあれこれ喋ったり、テレビを見ながらニュースや天気予報の内容を繰り返したりしているのだが、そういうことがふっつりとなくなった。黙ったまま食事を終えると、視点の定まらないうつろな目をして自室に戻っていく。

 これまでも、たまに似たようなことがあったが、数日間で終わった。しかし今回は、2週間も息子の無気力、無表情が続いている。

 そのため、今週の月曜日の朝を僕は憂鬱な気分で迎えた。「また息子が今日から1週間、学校に行って、ますます変調がひどくならないだろうか」という心配のあまり、眠りが浅くなってしまい、5時には起きてリビングで水を飲みながら、ぼんやりしていた。6時になると、やはり息子のことが心配で落ち着かなかったのだろう、妻も浮かない顔で起き出してきた。

次ページ  そして、「おかしいよね、どう…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ