[プロ野球]
佐野慈紀「菅野に見る新人らしからぬ“大人の投球”」

 プロ野球が開幕し、ちょうど1カ月が経とうとしています。現在、セ・リーグは下馬評通り巨人が独走状態。一方のパ・リーグは投打がかみ合っている埼玉西武がトップを走っています。統一球導入以来、激減していたホームランも、今季は非常によく出ています。それだけ各バッターのレベルが高くなったということが言えるのではないでしょうか。とはいえ、ペナントレースは始まったばかり。残り約120試合、どんな展開が待っているのか、とても楽しみです。

 さて、今シーズンはルーキーピッチャーの活躍が目立っていますね。なかでも“大人のピッチング”を見せているのが、菅野智之(巨人)です。周知の通り、菅野は一昨年のドラフトで北海道日本ハムから1位指名を受けましたが、それを拒否して“浪人”という道を選択しました。当時、私は大きな決断をしたその勇気こそ高く評価したものの、実戦から離れることには懐疑的でした。彼ほどの実力があるからこそ、“浪人”はもったいないと思ったのです。

 ところが、今の彼のピッチングを見ていると、「決して浪人はムダにはなっていない」ということが、はっきりと見てとれます。25日現在、4試合に登板して3勝0敗、防御率1.86。正直、この好成績には驚いています。改めて彼の素質の高さを痛感させられているところです。

 彼のピッチングは完成度が非常に高い。キャッチャーの意図していることを理解しており、ストライクにも、ボールにも、要求通りのコースにきっちりと投げることのできる抜群のコントロールがあります。正直、ルーキーとは思わない方がいいでしょう。

 大学時代の菅野は150キロ台の真っ直ぐで押すタイプのピッチャーというイメージがありましたが、プロに入った今は、バッターとの駆け引きを覚えたのでしょう、勝てるピッチングをしています。つまり、押すだけでなく、時には引くというように、打ち取るパターンがいくつもあるのです。それが、現在の結果に表れています。