佐藤優さんに質問「ヘイトスピーチを言論の自由と捉える意見に違和感があります。規制の是非についてどうお考えですか?」
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.012 質疑応答より
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.012 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
■分析メモ(No.27) 「ボストン爆弾テロ事件におけるチェチェンファクター」
■分析メモ(No.28)「安倍晋三首相訪露の注目点」
―第2部― 読書ノート
■読書ノート(No.30)「日中で意地の張り合いをしてもプラスにはならない」
■読書ノート(No.31)「習近平政権に勝利した安倍外交」
■読書ノート(No.32)『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録 
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定(6月上旬まで)

質問:「話者の誠実性」を獲得するにはどうしたらいいですか?

 前回、孫崎享さんについての質問に答えて下さった際、「話者の誠実性」という言葉が出てきました。私も「話者の誠実性」を獲得したいと思うのですが、どのようにしたらこれを獲得することができるのでしょうか? また「話者の誠実性」ということについて書かれたよい文献がありましたら、教えて下さい。(S.N)

【佐藤優さんの回答】 話者の誠実性を身につけるためには、知っていることと知らないことを区別し、理解できることと理解できないことを仕分けし、他者に対して、自らが考えているのと異なることについては、極力、語らないようにすることです。

「話者の誠実性」について知るためには、ドイツの社会哲学者ユルゲン・ハーバーマスの『コミュニケイション的行為の理論』(未来社)を精読することをお勧めします。

(略)

 私が孫崎さんに対して批判的なのは、過去の孫崎さんの対米姿勢(特にCIA[米中央情報局]との関係)を部分的にですが、具体的に知っているからです。もっとも孫崎さんも私と鈴木宗男さんの関係については、当時、外務省幹部として相当の不満があったと思います。過去のインテグリティーの問題と、現在、孫崎さんが展開している議論に対する批判については、別の位相で議論すべきと思います。

孫崎さんは、自分が考えてもいないようなことを、時局にあわせて言うような人ではありません。孫崎さんが自らの信念に基づいて発言していることを私は疑っていません。それだから、私は孫崎さんの「話者の誠実性」には、問題がないと前回の設問でお答えしたのです。

(略)

 孫崎さんの『日本の国境問題』(ちくま新書)、『戦後史の正体』(創元社)に対する私の批判は、実証的観点からのものです。具体的には、日中漁業条約と日ソ国交回復に関する孫崎さんの記述に問題があると私は考えます。少し細かくなりますが、私の見解を述べておきます。

 尖閣問題に関し、孫崎さんは漁業協定の重要性について次のように記しています。・・・(以下略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら