[BCリーグ]
富山・進藤達哉監督「2年目高塩、エースへの期待」

 いよいよ、今シーズンも13日に開幕しました。富山サンダーバーズは開幕で信濃グランセローズに2-5で敗れ、白星スタートとはなりませんでしたが、翌日の信濃戦で初勝利を挙げました。しかし、そこから勝利を挙げることができていません。24日現在、1勝2敗1分け。いい時と悪い時との差が、少しあるかなと感じています。

 初勝利を挙げた信濃戦で先発したのは、2年目の高塩将樹(藤沢翔陵高-神奈川大-横浜金港クラブ)です。その日は強風でピッチャーにとっては変化球のコントロールが難しいこともあったのか、球審が高めを広めにストライクにとってくれていました。高塩は正直、状態自体はそれほど良かったわけではないのですが、球審のジャッジをうまく利用してまとめることができた結果が、6回1安打無失点という好投につながったのだと思います。

 しかし、2試合目の登板となった20日の福井ミラクルエレファンツ戦は、5回12安打8失点を喫しました。信濃戦との違いは、バッターに有利なカウントになりそうな時に、ストライクを取れたか否か。今後はその差をうめていく作業が必要となります。

 高塩は、オフからオープン戦にかけて、肉体的にも技術的にも成長の跡が見てとれます。初勝利を挙げた信濃戦で状態が悪い中でも、きちんと試合をつくったことも、そのひとつです。今季はエースとして先発の柱となってもらいたいたいと思っています。そのためにも、シーズンを通してコンスタントに現在の球威を保つことができるか。昨季見えたその課題を克服できるかどうかがポイントです。今後、暑くなってからが、高塩にとって正念場となります。

 昨オフ、信濃から移籍してきた大竹秀義(春日部共栄高)ですが、ボール自体は期待通りですが、メンタル面に課題があります。マウンド上で熱くなりやすいところがあるのです。最後を締めくくるクローザーは、常に大きなプレッシャーがかかります。その中で、いかに冷静でいられるかどうかは非常に重要です。技術的には十分の大竹に、メンタルの面においての成長が加われば、さらにレベルアップすることでしょう。

 開幕直前にはプロ野球、メジャーリーグで活躍した37歳ベテランの大家友和(京都成章高-横浜-レッドソックス-エクスポズ-ナショナルズ-ブルージェイズ-インディアンス-横浜)が加入しました。再起をかけてナックルボーラーに転向した大家ですが、やはり“魔球”を使いこなすことは、そう簡単ではありません。20日の信濃戦でBCリーグデビューを果たした大家は、2回を投げて3安打3四球1失点でした。バッターの手元で自在に変化するナックルボールですから、ある程度の四球の数は予想していました。

 しかし、やはり1、2球目でストライクが取れないと、その後のピッチングが苦しくなります。大まかにでも意図したところにボールが投げられるようになれば、ナックルボーラーとして成功する可能性は広がるはずです。日本のプロ野球にはいない新しいスタイルですから、ぜひ第一人者となるような活躍をしてほしいですね。