カイジ「命より重い!」お金の話
【第4回】 クレジットカードの "リボ払い"は多重債務への入り口


漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行 講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)


【第3回】はこちらをご覧ください。

 先日、『カイジ「命より重い!」お金の話』が発売されました。これは、漫画『カイジ』のストーリーになぞらえてお金の大切さと怖さを解説した本です。

 発売後、すぐに大きな反響がありました。著者である私のところにも多数のメールやメッセージが届き、質問も多く寄せられました。

 一番多かった質問が、

 「日本人のマネーリテラシーが低いのは、どこに原因があるのでしょうか?」

 「どうすればこの問題が解決されると思いますか?」

 というものでした。

前回のアンケートでは、マネー教育をすべきなのは、「親」と答えた方が、合計で約66%いました。私はこの結果こそが上の質問に対する答えだと思うのです。

 私自身も、マネー教育は親がすべきという意見に賛成です。そして同時に、親から子へのマネー教育が不足していることが、日本人のマネーリテラシーの低さの原因になっていると考えています。

 もちろん、学校で体系的に学ぶことができれば、それがベストです。政府もマネー教育の必要性を認めていて、高校などで「授業」を実施しているようです。

 しかし、「形式ばっていて、はっきりいって面白くない」「生徒が興味を持たない」という声を現場の先生から聞きました。マネーリテラシーが本当に必要な人たちには届いていないのが現状なのです。マネー教育を学校に期待する声も多いですが、実現するまでに時間がかかりそうです。

 日本人は文化的にお金の話を避けます。そのため、「お金の怖さと大切さを知ってほしい!」と訴えても、"けむたがれる"ことが多いです。

 しかし、『カイジ』に重ねれば話は別です。『カイジ』の内容が、漫画の世界にかぎった絵空事ではなく、現実に起きつつあることだと知れば、マネーリテラシーの必要性を痛感できると思うのです。ぜひ『カイジ』をマネーの教材と捉え、再読してみてください。子どもへのマネー教育は親の責任です。

 さて、今回は、借金地獄への入り口となっている「クレジットカード」の現状をお伝えします。

クレジットカードが消費者金融への入り口

 「サラ金」「多重債務者」の現状を伝えても、「自分は借金なんかしてないし、関係ない」と思っている方も多いでしょう。

 まともに働かないでギャンブルばかりしているカイジならともかく、自分は真面目に会社に行って働いているし、借金なんてするわけないじゃないか、と。

 それでも私は、「あなたも借金と"隣り合わせ"です」と敢えて言いたい。なぜなら、ご存じの通り、クレジットカードを利用すれば、その金額は会計上「負債」に計上されるからです。

 クレジットカードで商品を買うということは、要するに"後払い"にしているということで、会計上は「買掛金」になります。そして、これは立派な「負債(借金)」にあたります。

 買い物の金額が予定通り銀行口座から引き落とされれば、利子はかかりません。そのため、借金しているという感覚を持たない人がほとんどでしょう。しかし、銀行の残高が不足していて、カードの支払いができない場合、どうなりますか? クレジットカード会社は、年率14.6%の金利を上乗せて、あなたに請求してきます。

 なぜか? その買い物代金は、クレジットカード会社に肩代わりしてもらった"借金"だからです。

 クレジットカードが怖いのは、口座残高が足りなくても、モノが買えてしまうところです。たとえその月の月末にお金がなかったとしても、買い物はできてしまうのです。

 極端に聞こえるかもしれませんが、こんな話を出すのは、消費者ローンを利用している人のうち、30%以上の人が"ショッピングでのローン"がきっかけになっているという事実があるからです。多くの人が、カードで買い物をしすぎたため、その支払いに充てるために消費者ローンを利用しているのです。

 クレジットカードでの買い物が、借金の入り口になってしまうケースが非常に多いのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら