雑誌
特別レポート トヨタ、パナソニック、ソニー、みずほ、三井住友ほか
ニッポンの一流企業「異例の人事」を読み解く

 人事を見れば、企業がわかる。今年も一流企業で「異例」人事が盛り沢山。抜擢、栄退、慣例破壊。そこに秘められたトップのメッセージとは。企業の内情を知り尽くす4人が匿名座談会で読み解いた。

子会社からの「返り咲き」

経済部 今年も各社の幹部人事が出揃ったけど、「異例」の人事が目立ったね。特にうちが注目したのがみずほ。みずほフィナンシャルグループ(FG)と、その傘下のみずほ銀行、みずほコーポレート銀行の副社長、副頭取クラスが軒並み退任させられる人事が断行された。

デスク 特に驚いたのが、西澤順一・みずほFG副社長と中野武夫・みずほ銀行副頭取が外されたこと。次期社長・頭取候補に名前が挙がったことのある人たちだからね。

専門誌 ほかにも'70年代後半に入社した世代の大半は退くことになった。一方で、その後釜には若い世代の実力者が登用されている。みずほFGの副社長になるのは'80年入社組がほとんどで、辻田泰徳・みずほFG常務執行役員にいたっては'81年入社だからね。

経済部 社風が官僚主義と言われてきただけに、大規模な新旧交代と、掛け値なしの実力主義人事を徹底した今回の人事の異例ぶりが際立つってわけだ。

アナリスト しかも、これまでは、旧三行(日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行)の出身者をそれぞれ同じ数だけ幹部に入れるというバランス人事が続いていて、過去のトップはOBに気を遣ってこの不文律を破れなかった。これが、今回は崩された。こんな人事をやりのけた佐藤康博・みずほFG社長には、並々ならぬ意欲を感じる。

専門誌 実は佐藤社長は「旧三行によるたすき掛け人事をやめる」と言って、昨年4月から、外部の人事コンサルティング会社を入れて、人材の洗い出しをやっていた。その結果を見たら、なんでこんなやつが幹部にいるんだというのが一目瞭然でわかったらしい。

アナリスト とはいえ、アホが幹部にいたのはこれまでも「暗黙の了解」だった(笑)。それでも旧行バランスを崩そうとすると、"紙爆弾"が飛び交うほど反発にあって、切れないというケースが多かった。

経済部 だから、今回は社外取締役と佐藤社長だけで、常務以上の人事を決めていったんだよ。それで情報が外部に漏れなかったから、事前に潰されずに済んだ。そのあたりが抜かりないというか、佐藤社長の本気度の表れだね。