選挙
衆参同日選におびえ、0増5減法案の成立を必死で遅れらさせようとする民主党

 今月初め、地下鉄丸ノ内線の車中で知り合いの民主党議員に声を掛けられた。「民主党の展望がなかなか開けませんね」などと雑談していると、この議員が真顔で聞いてきた。

 「衆参同日選はあるんですか?」

 その質問に驚き、真っ向から否定すると、議員は「否定することにびっくりしました」と言った。そのうち、落選中の前議員からも同日選の可能性に関する問い合わせをいただくようになった。どうやら、同日選論が民主党内で静かに広がっているようだ。

 政権側を取材していて、同日選をめざす動きはない。しかし、火のないところに煙は立たないはずだ。自分の見立てが間違っていることもあり得る。そう思い、取材していくうちに、火元が見つかった。

「安倍晋三総理は本気だ」

 民主党内での火元は前国家戦略担当相・前原誠司だった。「前原さんから聞いた」という議員が複数いた。前原は憶測でものを言う政治家ではない。さらに火元をたどると、ある会合に行き着いた。

 4月1日夜、前原ら3人の民主党閣僚経験者が自民党幹事長・石破茂と会合した。その際、石破が同日選の可能性に言及し、「安倍晋三総理は本気だ」と話したという。

 確かに、衆参同日選は安倍の持論だ。安倍は自民党総裁選直前の昨年9月に発売された『文芸春秋』10月号で、「衆参ねじれ」を解消する方策として、次のように記している。

 「そこで、一つ提案があります。参議院の改選期に合わせて、三年ごとに『衆参ダブル選挙』を実施するのです。衆参でそれほど選挙結果に差違は生まれないでしょうから、選挙後の三年間は確実に政治が安定します。憲法改正も必要ありません」

 この頃、安倍は「年内に衆院解散・総選挙、この総選挙で自民党が政権を奪還後、2013年に衆参同日選を断行し、衆参で安定した勢力を確保する」と考えていた。だから、石破が前原らに話したことはウソではない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら