[ボクシング]
杉浦大介「ドネアvs.リゴンドー戦から見えた4つのこと」

注目の一戦はリゴンドーの完勝

ドネア有利の予想を覆すリゴンドーの完勝だった。Photo by Kotaro Ohashi

“スーパーバンタム級の頂上決戦”と評判を呼んで4月13日に行なわれたWBO世界同級王者ノニト・ドネア対WBA世界王者ギジェルモ・リゴンドーの一戦は、ふたを開けてみればリゴンドーの圧勝に終わった。

 序盤にミドルレンジからカウンターを打ち込んで相手を警戒させ、中盤は足を使ったアウトボクシング。そして終盤11ラウンドから再びペースを上げたキューバ人は、最終ラウンド、右目が腫れて塞がりかけたドネアに容赦ない左を浴びせて試合を締めくくった。

 10ラウンドにドネアが力づくで奪ったダウンを除けば、ほとんど一方的な内容。ダウンもダメージはなく、安全運転を続けていたリゴンドーにとっては目覚ましとなった感もあり、以降のペースアップに繋がった。

「仕事をやり遂げた。動き廻って、アウトボクシングで彼の良さを殺してみせた。(ダウンはあったけど)1発当てただけでは勝てないよ」

 そんなリゴンドーの試合後の言葉通り、勝敗は誰が見てもほぼ文句のないものだった。ジャッジの採点は116—111、115—112、114—113と意外にも競っていたが、ドネアがプロモーターのトップランク社と、放映権を握るHBOの期待を集めていたボクサーだったことを考えれば、小差のラウンドがそちらに流れたのも、ある程度は仕方ないところだろう。採点発表後、ドネアファンが大半だった満員(6145人)の観衆から異論らしき声が聴かれなかったことがすべてを象徴していた。