[ゴールボール]
金メダルチームからの変貌

~女子代表合宿Vol.1~
両ウイングが下がったかたちのピラミッド型のディフェンスにも挑戦している

 団体競技としてパラリンピック史上初の金メダルを日本にもたらしたゴールボール女子。あの栄光に輝いた日から4カ月後の今年1月、早くも次なる目標に向け、新たなチームづくりをスタートさせた。「次なる目標」とは――。無論、2016年リオデジャネイロパラリンピックでの連覇だ。彼女らには輝かしい功績に酔いしれている余裕などない。パラリンピック出場権をかけた戦いが、もうすぐそこまで来ているからだ。

 日本がリオへの道を切り拓くためのチャンスは2度ある。来年に行なわれる世界選手権とアジア選手権だ。他競技ではパラリンピックの開催年に入ってから代表選手や出場国が決定することが多い中、ゴールボールではパラリンピックの2シーズン前に、予選が行なわれる仕組みとなっている。だからこそ、いつまでも栄光に浸っていることはできないのだ。

 ゴールボール女子ではロンドンパラリンピック後、既に4回の代表合宿を行なっている。その間、ベテラン選手は現役を続行し、リオを目指す覚悟を決める一方で、次世代を担う若手の育成に努めてきた。その中で、チームは少しずつ進化し始め、そしてひとつにまとまりつつある。そう感じさせた最大の要因は、新たなる挑戦と若手の変貌にあった。

世界に先駆けたメイド・イン・ジャパン

オフェンス力アップを図る浦田

 今年2月、新チームとして2回目となる代表合宿を訪れた。3日間の日程で行なわれた最終日のその日、体育館では試合形式の練習が繰り返されていた。そこにはロンドンでは見られなかった光景がいくつもあった。まずはディフェンスだ。これまで日本のディフェンスは、3人が一列に並ぶ平行なスタイルをとっていた。だが、合宿では他国が行なっているような両ウイングがセンターの少し後ろに構えるピラミッド型を敷いていたのだ。さらに構え方にも変化があった。これまでのように両手を地面につき、屈んだ状態で相手からのボールに対して構える“シッティング”ではなく、立った状態で腰を落として構える“スタンディング”に挑戦していたのだ。

 また、選手のポジションもガラリと替わっていた。ロンドンではセンターとしてディフェンスの要となっていた浦田理恵がライトとしてオフェンスに加わっているかと思えば、ウイングから勢いのあるボールを放っていた小宮正江や安達阿記子がセンターでディフェンスに注力していたのだ。

 その理由を江黒直樹ヘッドコーチ(HC)はこう語る。
「今のままでは世界を相手に戦うことはできません。来年の世界選手権やアジア選手権までに、いかに選手層を厚くしてチームを強化させていくか。そのためには1人1ポジションでは、バリエーションが広がらない。6名しかベンチに入れない中で、1人2ポジションできれば、これまでのような1対1の単純な交代ではなく、さまざまな組み合わせを考えて戦略を練ることができます」

“1人2ポジション”――ゴールボールの世界では、これまで考えられてこなかった新たなチャレンジだ。金メダルを獲得したとはいえ、体格やパワー、スピード……身体的能力では、世界と互角に渡り合うことはできないことは、ロンドンでも痛感させられたに違いない。では、なぜ日本は世界の頂点に立つことができたのか。それは、世界に上回るものがあるからだ。“器用さ”と“正確さ”である。

 ロンドンの決勝で、準決勝までの6試合で37得点という驚異的なオフェンス力をもつ中国を相手に、1-0というロースコアでの完封勝ちは、まさにその“器用さ”と“正確さ”での勝利だった。パワーとスピードは日本の比にならないが、雑さが目立つ中国に対し、日本は戦略通り、中国のセンターを左右に動かすことで“穴”を開けるために正確なボールを投じ続け、一方でディフェンスは手先、足先にまで神経をいきわたらせ、お互いに声を掛け合ってカバーをし続けた。その差が、「1-0」というスコアに凝縮されているのだ。その“正確さ”と“器用さ”を武器に、身体能力で勝る外国人選手を相手に、日本は今後、どう戦うのか。それこそが、連覇へのカギとなる。

「日本がロンドンでやったような戦略を、次は他国もしてくるはずです。体格で上回る相手が同じことをすれば、日本は苦しくなるのは目に見えている。だからこそ、日本はまた独自の戦略をつくりあげなければいけない」
 ロンドンでは女子チームの主にオフェンスを担当した市川喬一コーチ(現在は男子チームのアシスタントコーチ)がそう語るように、すぐに世界がロンドンでの日本に追いつくことは容易に想像ができる。ならば、日本はその先を行くしかない。

 ゴールボールでは、それがまだ可能だと江黒HCは考えている。
「歴史が古いメジャースポーツは、細かくルールが設定され、“こうあるべきもの”という概念が出来上がってしまっています。それを打破するのは、容易ではありません。しかし、歴史の浅いゴールボールはまだ発展途上。だからこそ、戦略的にも開拓余地はまだまだあるはずです」
 その開拓余地こそが、“器用さ”をもつ日本には、大きな武器となり得る。