50年先を生きる者たちへ 『海のグレートジャーニーと若者たち 四七〇〇キロ気づきの旅』

レビュアー:東 えりか

関野吉晴のグレートジャーニーについては説明するまでもないだろう。1993年から2002年にかけて行った、人類が地球上を移動した足跡を追い かけた壮大な冒険である。彼はその冒険を行うにあたり「自分の脚力と腕力だけで進む」というルールを決めた。その壮大な全貌は、現在、国立科学博物館で 「グレートジャーニー人類の旅」として6月9日まで特別展が開催されている。

 2002年に“人類の旅"をひとまず終えた関野が次に目指したものは、日本列島に人類はどうのようにやって来たのか、をたどる旅だった。そのルートは大きく分けて3つあると考えられた。

1.〈北方ルート〉ユーラシア大陸をヒマラヤの北部に進み、シベリアからサハリンを経由して北海道に至った。

2.〈南方ルート〉東南アジアから中国の海岸沿いに陸地を北上し、朝鮮半島を経由して日本列島に渡った。

3.〈海上ルート〉東南アジアから、黒潮に乗って島づたいに、日本列島にたどり着いた。

 この3つ目の海上ルートを、関野が教授として勤めている武蔵野美術大学の学生と一緒に成功させた記録が本書になる。先に『海のグレートジャーニー』という写真集が発売されているが、本書は若者たちがこの冒険にどう関わっていったかを詳しく語った本である。

 北方、南方ルートの探査を終えた関野は、2007年11月、大学の教室で「黒潮カヌープロジェクト」の参加を呼び掛けた。

 彼は今まで、グレートジャーニーに参加させてほしい、という若者を何人も断ってきた。それは、若いうちの旅はひとりのほうが数多く気付きがある、と思っていたためだ。今でもそう信じていると言う。しかし「海上ルート」は若者に呼びかけようとした。なぜか。

 それはものづくりの大学である武蔵野美術大学でも、自らが自然から採ってきた素材を使って、ものを作るという経験をしていないからだった。海を 渡ってくる舟も、それを作る道具もなにもかも太古のやり方を踏襲した、現代人が忘れてしまった大切な何かを感じられるだろうこの旅を、関野が独り占めして しまうのは、もったいないと思ったのだ。