『からだの中の外界 腸のふしぎ』
最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫
上野川修一=著

 その、「内なる外」で暮らしているのが腸内細菌だ。独自の遺伝子をもち、1000種類、100兆個にも及ぶこの共生者たちは、「第二のゲノム」と呼ぶにふさわしいさまざまな働きをしてくれている。“格納庫”である腸と互いに助け合う腸内細菌への関心は、一般の人たちのあいだでも日に日に高まっている。

 さらに、脊髄と並ぶ1億個もの神経細胞を擁する腸には、「第二の脳」という別名がつけられている。

 「大げさな!」と感じるだろうか? けれども、たとえばあなたが「今は消化を止めよう」と考えても、腸は決して休んではくれない。腸は脳から独立して、「自ら考えて」自分の仕事を黙々とこなしている。完全に自立=自律した器官なのだ。

 一方で、多くの高度な働きが集まり、協調して精密に実行している腸は、同時にきわめて繊細な存在でもある。緊張やストレスを感じて、下痢や便秘になった経験は誰にでもあるだろう。腸の働きが低下すると、からだ全体に十分に栄養が運ばれなくなり、すぐさま全身の働きが悪化して、やがて病気の引き金となる。腸の健康を維持することは、そのままからだの健康を維持することにつながる。

 腸には、消化・吸収系、神経系やホルモン系、免疫系など、全身のさまざまなシステムが重なり合い、互いに連絡し合って存在している。生命の維持に不可欠な器官が集中し、まるで独立した「いのち」のように自ら「考え」、自らを「守る」働きをこなす腸は、生命の根源だ。

 本書では、これら各系との関わりを軸に、驚くべき腸の素顔を紹介していく。ふだん意識することのない寡黙な働き者の姿を知れば、きっともっと大事にしたくなるに違いない――。

 最後に、本書をまとめるにあたり、多くの助言をいただいた講談社の倉田卓史氏、原稿を整理していただいた伊藤菜穂子さんに感謝したい。


目次
プロローグ 腸の多彩な素顔
第1章 腸は進化しつづけてきた
第2章 いのちをつくる腸の働き
第3章 腸はいつも考えている
第4章 腸はからだを守っている
第5章 共生者「腸内細菌」の素顔
第6章 腸の働きが低下したら……?
第7章 腸内細菌で元気になる

著者 上野川修一(かみのがわ・しゅういち)
一九四二年、東京生まれ。東京大学名誉教授。農学博士。東京大学農学部農芸化学科卒業。同大助手、助教授を経て、二〇〇三年まで東京大学大学院農学生命科学科教授。二〇一二年まで日本大学生物資源科学科教授。食品アレルギーや腸管免疫のしくみ、腸内細菌のからだへの影響などの研究に従事。日本農芸化学会会長、内閣府食品安全委員会専門委員会座長を歴任。現在、日本食品免疫学会会長、日本ビフィズス菌センター(腸内細菌学会)理事長。紫綬褒章、国際酪農連盟賞、日本農芸化学会賞等を受賞。『免疫と腸内細菌』『人生は運命ではなく「腸」が決定する』など著書多数。
『からだの中の外界 腸のふしぎ』
最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫

上野川修一=著

発行年月日:2013/04/20
ページ数:213
シリーズ通巻番号:B1812

定価(税込):903円 ⇒本を購入する(Amazon)


 
(前書きおよび著者情報は2013年4月20日現在のものです)