雑誌
「天才」と呼ばれた人が、本物の「天才」に出会ったとき
神童東大生「オレは大したことない」

誰よりも頭がいい、そう信じていたが、上には上がいた「天才」と呼ばれた人が、本物の「天才」に出会ったとき

人間は、己を超える圧倒的な才能と出会ったとき、自己を客観視して成長する。「天才」たちにも若き日の敗北体験があり、それを乗り越えたからこそ今がある。

世の中には「天才」と呼ばれる人たちがいる。私立灘高校から東大数学科に進み、現在はエコール・ポリテクニーク(フランスの理工系大学のトップでカルロス・ゴーンの母校)の助教授を務める郡山幸雄(38歳)もその一人だろう。

郡山にとって、東大入試は「朝起きて歯を磨く」程度の、緊張感のないイベントだった。

「数学で6問(120点満点)中4~5問は確実に解けるので、それだけで他の受験生に50点近く差をつけられる。合格最低点が300点ちょっとの試験だから、他の科目で少々失敗しても、落ちる可能性は100%なかったんです」

 

今年も東大理Ⅲ(定員約100名)に27名の合格者を送り込んだ灘高は、全国で最も数学のレベルが高い進学校として知られる。だが、その灘高でも、郡山の数学の力は別格だった。

「まんべんなく勉強して通信簿がオール10の同級生がいて、周囲に『すごい』とか言われてたけど、僕はそうは思わなかった。コツコツ暗記して点数を上げることに興味が持てなかったんですね。それより、『いかに物語性のある解き方で数学の難問を解くか』を考えるのが好きだった。

正直言って、灘高では、こいつにはかなわないと思う同級生は一人もいませんでした」

数学では誰にも負けない、もっと言えば「次元が違う」とわかっていたからこその自信だった。「あの頃の僕は傲慢でしたね」と郡山は振り返って言う。

高校1年の冬、郡山は数学オリンピックの日本大会に初めて参加する。50倍以上の予選をくぐり抜けて20名の「日本代表候補」に入り、6名の日本代表を選ぶための合宿に参加した。そして、その合宿で、郡山は劇的な体験をすることになる。