[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.6」

互いに厚い信頼を寄せている里内とジーコ

 1993年4月1日、里内猛は留学先のブラジルから日本に帰国したのも束の間、5日後の6日には、鹿島アントラーズのイタリア遠征に帯同した。ミラノで飛行機を降り、バスに乗り替えて約4時間、アドリア海に面した宿舎に到着した。辺りはマリティマと呼ばれる一角だった。

J開幕前、苛立っていたジーコ

 イタリアについてすぐの8日に最初の練習試合が行われた。相手はイタリア北部に本拠地を置くマントヴァFCというクラブだった。マントヴァは1911年に創立した古いクラブで、当時は3部リーグに当たるセリエCに所属していた。前半終了間際、鹿島は長谷川祥之のゴールで先制した。試合は鹿島が終始押し気味だったが、ジーコの機嫌は優れなかった。その理由は、ある選手のプレーに納得がいかなかったからである。

 当時、鹿島の中盤に明治大学から入団したばかりの吉田康弘という選手がいた。小柄ではあったが、同じポジションのジーコが成長を期待していた選手である。ところが、マントヴァ戦での吉田の動きは精彩を欠いていた。ハーフタイムとなり、ジーコはしかめ面でピッチから出た。そして、ロッカールームに入ると、里内に向かって怒鳴った。
「里内、吉田はどうなっているんだ? ブラジルでちゃんと練習していたのか?」

 吉田は里内と一緒にサンパウロFCへ派遣されていたのだ。「吉田の動きが悪いのは、体重が増えているからだ。サンパウロでフィジカルコーチは何をしていたのだ!」とジーコはまくしたてた。

 この時、鹿島アントラーズの監督だったのは宮本征勝だった。ジーコはかねてから日本の指導者に対して「サッカーは日々変化しているのに、自分の現役時代の経験でしか教えられない」と不満を漏らしていた。ブラジルのメディアに鹿島での役割を尋ねられると、
「ぼくが全てやっている。監督? 彼はベンチに座っているだけだよ」と答えていた程である。

 また、神経質で負けず嫌いのジーコは、30代後半の自分の身体がかつてのように動かないことにも苛立っていた。それにも関わらずチームをまとめなければいけない。思い通りにいかない怒りは年上の監督ではなく、気心の知れた男――叱ってもめげない里内に向いたのだ。

「すいません」
 里内はジーコに頭を下げ続けた。イタリア遠征にはNHKのテレビクルーが同行していた。撮影カメラに気がついたジーコは、「スミマセン、オワリ、オワリ」とロッカールームの扉を閉めた。扉を閉めた後もジーコの怒りは続いた。 その様子は後に日本全国に放送された。
――お前、ジーコに怒られていたなぁ。
 放映後、様々な所から電話が入り、里内は苦笑いするしかなかった。