賢者の知恵
2013年05月01日(水) フライデー

話題の本の著者に小幡 績
「アベノミクス」は若者を苦しめる。 礼賛するわけにはいきません。

friday
upperline

—昨年12月、安倍自民党は「脱デフレと円高脱却」を掲げ、選挙で圧勝しました。以降、株高と円安が進み、「日本経済は復活するのでは?」と、お祭りムードさえ漂っています。そんななか、安倍内閣の経済政策を真っ向から批判する本を書かれた狙いはなんでしょうか?

『リフレはヤバい』
著者:小幡 績
⇒本を購入する(AMAZON)

 以前から、いわゆる「リフレ政策」(金融政策により、あえてインフレを起こす政策)について、声高に「これこそが正しい」と主張する人々がいました。とくに経済学の専門家でない人たちに多かったのですが、私はいち経済学者として、その間違いをブログなどで繰り返し指摘してきました。ところが、安倍晋三自民党総裁がこの説を信じてしまった。

 そして安倍自民党が選挙で圧勝し、株高が一気に進むと、リフレ政策が礼賛されるようになってしまいました。これまで経済専門家の間ではリフレ賛成派はほとんどおらず、一般的な評論家などの間でも、どんなに多く見積もっても、賛成派と反対派とがほぼ五分五分だった。ところが安倍政権が誕生してからはどんどんリフレ派が増えて、気づくとリフレ政策を表だって批判する学者は少数派になっていた。

 このままじゃ、まともな経済学が死んでしまう。これは「ヤバい」。「日本経済を守るために、正しい経済学を主張しなければいけない」という正義感から、やむにやまれず書いたのが本書なんです。

—バブル崩壊以降の日本はデフレに苦しんできました。安倍政権が「円安とデフレ脱却を目指す」のは、いい傾向ではないのですか?

 円安になって日本の製造業は喜んでいるし、給料アップの話も出てきた。そう聞くと、なんだかわからないけど、安倍さんの経済政策はいいのではないか、と思いますよね。

次ページ  でも、完全な誤解なんですよ。…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事