「K‐POP」はもう韓国産ではなくなった

東亜日報(韓国)より

2013年05月01日(水)

 韓国の主要産業となったK‐POPだが、もはや「韓国産」とはいえなくなっている。

 大手音楽事務所の楽曲制作に携わる人々を調べたところ、作曲は海外に「外注」しているケースが多いことがわかった。

東亜日報(韓国)より

 K‐POPを作る作曲家は海外に300人以上もいて、そのうちの約4割は優秀な作曲家が多いノルウェーやスウェーデン、デンマークといった北欧諸国に集中している。ほかにも英国や米国、中国にそれぞれ40人以上ものK‐POP作曲家が存在する。

 K‐POPは、国内で制作されている場合でも、海外に輸出される際には現地の作詞家や振付家などによって再加工されることが多い。もはや純国産とはいえないほど、制作過程はグローバル化しているのだ。

 

COURRiER Japon

2013年5月号
(講談社刊、税込み780円)発売中

amazonこちらをご覧ください。
楽天
こちらをご覧ください。



最新号のご紹介

COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」

More
Close