週現スペシャル 大研究 第1部 第2部 どこまで難しい?東大理Ⅲのテスト 東大医学部(理Ⅲ)に合格した人たち 日本でトップ0・01%の「頭脳」でも彼らは本当に幸せなの?

2013年04月10日(水) 週刊現代

週刊現代賢者の知恵

upperline

 実は医学部しか所属できない運動部というのは、東大に限らず各大学に存在し、医学部同士でリーグ戦などを行う。だがやはり、東大の鉄門部が女子大生の一番人気だという。

「理由は東大医学部の男が特別チョロいから。実際に結婚した女子大の先輩を何人も知っています。簡単に落とせるという噂を聞きつけて2年から入部する女子も少なくありません」(鉄門部に所属する東京女子大3年)

 理Ⅲ生も馬鹿じゃない。鉄門部にたかる女子大生たちの腹の中は察している。いや、馬鹿じゃないからこそ、脳内では様々な予防線を張る。

「カネ目当ての女と結婚した場合、熟年離婚のリスクが高いのではないか」

「中途半端な学歴の女性と結婚すると、相手がそこにコンプレックスを抱いて教育ママになってしまうのではないか」

 などなど。だが実際には「話を聞いてくれた」「笑ってくれた」「ボディタッチをされた」、ただそれだけで予防線は突破されてしまう。

「みんな言わないようにしているんですが、理Ⅲ男子って童貞が圧倒的に多いんですよ。それは単に男子校出身者の割合が高いからです」(医学部6年)

 前出の東京女子大3年が明かす。

「理Ⅲ男子を落とすには3つの鉄則があります。ひとつは、よく笑うこと。笑っているだけで彼らは自分に好意を寄せていると錯覚します。次に自分の意見を言わないこと。女子に強く出られると怖がってしまうんです。最後に、なんでも質問すること。理Ⅲ男子は教えたがりなので、わからないふりをして質問していれば勝手に気持ちよくなってくれます」

「傾向と対策」を練って難関を突破してきた理Ⅲ生も、「傾向と対策」を練られてしまうと弱い。東大医学部といえど、万能ではないのだ。

第2部 東大医学部の「伝説」——
「出身者の2割は発達障害」は本当なのか

「『生年月日はいつですか?』フットサルサークルの新歓コンパに行ったら、ある医学部4年男子の先輩にいきなり聞かれました。とりあえず『1992年7月12日』と答えたら『うん、覚えた。イ・ビョンホンと同じ誕生日だね』と言って、また別の人に『生年月日はいつですか?』と聞いていた。

 なんだったんだろう、と思ったんですが、次会ったときはいきなり『1992年7月12日だよね?』と声をかけられてびっくりしました。いままで会った人すべて、生年月日で覚えているんだそうです。理由を聞いたら『見た目は変わるけど、生年月日は変わらないから』と言われてまたびっくり。

次ページ    その先輩は嫌われてはいな…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ