雑誌
Tポイントvs.ポンタ
「どちらのカードがお得?」

もう一つ「共通ポイント」サービス陣営が
できて、カード業界に新局面!
TSUTAYAなどで利用できるTカード(左)。20代の人口の58.6%が所有する若年層に人気のカードだ。 三菱商事の100%子会社ロイヤリティマーケティングが運営するポンタ(右)。現在、新規入会キャンペーン中だ。
〔PHOTO〕香川貴宏 鬼怒川 毅(以下同)

 最近、コンビニのローソンの店頭で見かける「ポイント、ポンポンたまる」と書かれたタヌキののぼり。ローソンのほかにも、ガソリンスタンドの昭和シェル石油やCD・DVDレンタルのゲオでも見かける。これ、3月1日からスタートした「共通ポイント」サービス「ポンタ(Ponta)」ののぼりだ。

「ポンタ陣営」には、GSの昭和シェル石油と、コンビニのローソンが参加する

 共通ポイントとは、異なる業種の企業の間でポイントを貯めたり、使ったりできるようにしたもの。

 「ポンタカード」を1枚作っておけば、そのカードだけで、提携企業の各店舗で、ポイントを利用することができる。
  例えば、昭和シェル石油での給油の際にポンタカードを提示してポイントを貯め、そのポイントを使ってローソンで弁当を買ったり、ローソンで貯めたポイントを使って、ゲオでCDをレンタルしたりできるわけだ。

 こうした仕組みをすでに採用しているのが「Tポイント(T-POINT)」だ。
  Tポイントは、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブやファミリーマートなどが発行する「Tカード」で利用できるポイント。ライバルのポンタが登場したことで、ポイントカード競争がヒートアップしている。

 ポイントカードに詳しい消費生活評論家の岩田昭男氏はこう話す。

「カードを複数枚持っていると、ポイントの有効期限を忘れたり、ポイントが分散してしまったりして、結局使い切れないというケースが少なくありません。共通ポイントは、ポイントをカード1枚でまとめて管理でき、様々な業態の店舗で利用できるのでポイントが貯めやすくなるというメリットがあります」