[BCリーグ]
群馬・五十嵐章人監督「得点力のカギは主砲の前後」

 いよいよBCリーグの開幕が数日後に迫ってきました。チームはオープン戦で実戦を踏みながら、順調に開幕の準備を進めています。特に打者は、主砲として長打力を期待している大松陽平(日南学園高-横浜商科大-香川オリーブガイナーズ-三重スリーアローズ)にはホームランが出ていますし、新人の三田俊輔(前橋工業高-東北福祉大-佐久コスモスターズ硬式野球部クラブ)はコンスタントにヒットが出るなど、しっかりとバットも振れており、結果も出ています。いい状態でシーズンに入ることができそうです。

 その打線ですが、4番に座るであろう大松の前後の打者が大きなポイントとなります。3番の出塁率が増えれば、チャンスで大松にまわってきますし、たとえ大松が打てなかったとしても、5番がそれをカバーしたり、あるいは5番の存在が大きければ大松との勝負を避けることはできなくなります。

 その3、5番には三田をはじめ、2年目の伊藤彰大(桐生第一高-東洋大)、再加入した井野口祐介(桐生市立商業高-平成国際大-富山サンダーバーズ-群馬-米国独立リーグ)、フランシスコ・カラバイヨ(元オリックス)など、何人かの候補者がいますが、いずれにしても大松にばかり負担がかからないような打線をつくっていければ、自然と得点力が上がるはずです。

 昨年、新人ながら69試合に出場した橋本拓也(羽生高)ですが、今シーズンはショートにコンバートし、さらなるレベルアップを図ろうと頑張っています。バッティングにも安定感が出てきており、攻守ともに順調に仕上がってきています。昨年は試合に出場し続けたとはいえ、打率は1割9分5厘、守備でも15のエラーを数えました。2年目の今シーズン、飛躍してくれることを期待しています。