雑誌
元エース記者が解説する「アベノミクス 日経新聞は何を考えているのか」
"戦犯"の白川前日銀総裁〔PHOTO〕gettyimages

何よりも日銀が大好き

『日本経済新聞』は、本来なら噦第4の権力器として財務省や日銀に対するチェック機能を果たすべきなのに、逆に財務省や日銀に迎合する「御用メディア」と化しています。いまの日経はジャーナリスト精神ではなく、上司にこびへつらい、自己の出世しか考えないサラリーマン文化に支配されている、との嘆きを実力派の後輩記者から聞きます。

 現在、安倍政権が生まれ、アベノミクスによって、日本経済が再生する最後のチャンスを迎えたというのに、日経はそれさえも邪魔しようとするようにしか見えません。

 こう述べるのは、元日経新聞経済部のエース記者・田村秀男氏だ。田村氏は古巣の日経新聞の内部事情を暴露した『日経新聞の真実』を上梓し、メディア関係者の間で話題を呼んでいる。

 私は'06年12月に日経から『産経新聞』に転職しましたが、OBとして日経に格別の愛着があります。ところが、経済ジャーナリズムを代表する日経がこのていたらくでは日本の再生は遠のくとみて、危機感を覚えます。厳しく日経批判を展開することが、経済ジャーナリズムの質的向上の第一歩だと考えました。

 昨年末の総選挙で、安倍氏は自民党総裁として初めて「デフレからの脱却」「大胆な金融緩和」を公約の目玉にしました。

 そこに立ちはだかったのが、日銀と日経新聞でした。日銀は、物価や雇用などの目標設定可否の自由を有していて、結果について責任を負わず、かつ誰にも批判されないという、未曾有の権力を手にした世界最強の金融権力集団です。そして、そのような日銀官僚に呼応した日経新聞は、激しい安倍批判を展開します。

 衆議院が解散された4日後、昨年11月20日に行われた金融政策決定会合を受けて、日銀の白川総裁が記者会見を開きました。その際、白川総裁は、安倍自民党総裁が唱える大胆な金融緩和を言下に否定しました。その上で次の自己弁護です。

〈後世、日本の金融政策を振り返った歴史家は、1990年代後半以降の日本銀行の金融政策が、いかに積極的であったか、大胆であったか、あるいは革新的であったかとみると思います〉

 日経は、翌21日の朝刊で、「『日銀の独立性尊重を』、総裁、安倍氏主張に否定的」との見出しで、白川総裁の主張を大々的に掲載。かつ「日銀の独立を侵すのは政治の行き過ぎだ」というタイトルの社説まで掲載し、次のように記しています。

〈安倍晋三総裁は建設国債の全額引き受けや無制限の金融緩和などを求める考えも示した。安倍氏の発言は一線を越えているといわざるを得ない。政治が日銀の独立性を脅かし、財政赤字の尻ぬぐいまで強要するようなことがあってはならない……〉

 その後、周知のように国民の支持を集めて安倍自民党が総選挙で圧勝しました。すると、日経新聞は、安倍内閣が発足した3日後の12月29日朝刊の1面で、「白川日銀総裁単独会見」を大々的に報じます。

〈日銀の生活者調査では、国民の8割以上が物価上昇をどちらかというと望ましくないと回答している〉

 白川前総裁はデフレ不況を悪化させるだけで何の成果も挙げられなかったにもかかわらず、「御用新聞」同然の日経を通じて堂々と自己弁護を展開したのです。

 調べてみると、'98年4月に現行の日銀法が施行されて以降、安倍政権が発足するまでの176ヵ月間で、インフレ率が前年同期比でプラスになったのは、たったの9ヵ月にすぎません。しかもその9ヵ月も、0%をほんのわずか超えただけです。日銀は「中央銀行の独立性」をタテにとって、外部からの意見に耳を貸さず、デフレ維持政策を取り続けてきたのです。

 この日銀のデフレ政策によって、国民の所得は急減し、若者の就労機会は奪われ、日本経済は「萎縮」していきました。それなのに日経新聞は、日銀に百パーセント迎合してきたのです。それは国民の目線で政策をチェックするメディアの責任の放棄です。

 昨年7月に、日銀副総裁が部下とともに産経本社を訪れました。その時、「日銀は金融緩和を十分実施しているので、ご理解賜りたい」と言って、分厚い資料を置いていきました。

 それを読むと、日銀が自己弁護のために統計を組み合わせていることが一目瞭然でした。例えば金融緩和の規模を示す日銀が供給する資金量については、なぜかGDPで割った値にして、日銀は世界一、金融緩和を行っていると説明しています。資金量の変化だけを比較したら日本が先進国で最低なのが一目瞭然なので分母をつけたわけです。

 そもそも日銀の金融緩和が不十分だから、日本のGDPは縮小しています。縮小したGDPを分母に乗せて割れば、値は大きくなるに決まっています。

 だが、日銀によって「刷り込まれた」日経新聞の記者たちは、まるで皇居のお堀端のカルガモのヒナよろしく、日銀官僚たちに誘導されて、何の疑いもなく隊列をなして従順に付き従うのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら