[裏方NAVI]
大木学(帝京大学ラグビー部アスレティック・トレーナー)<前編>「V4に導いた“超回復”」

 2013年1月13日、日本の学生スポーツ界に新たな歴史が刻まれた。第49回ラグビー全国大学選手権大会・決勝。帝京大学が筑波大学を39-22で破り、史上初の4連覇を達成したのだ。この快挙の裏には、さまざまなスタッフの献身的な支えがあった。岩出雅之監督が「同志」と呼ぶ彼(女)らの尽力なくして、4連覇はなかったと言っても過言ではない。今回はその一人、アスレティック・トレーナー大木学に、4連覇への軌跡を訊いた。

「ルーキーズ」――12年シーズンのチームを、岩出監督はそう表現した。前年の4年生には同志社大学以来となる3連覇を成し遂げた3シーズン(09~11)、主力として活躍し続けた選手が多くいた。その4年生がごっそりと抜け、後に残ったのはキャプテンに就任した泉敬をはじめ、ほとんどが大学選手権未経験者だった。

「周囲は“3連覇したチーム”として見ていましたが、実際は一からのチームづくりだったんです」
 大木は当時をこう振り返った。
「オマエらはルーキーズだ。だからこそ、一番努力するチームになろう!」
 前人未到の偉業は、この指揮官の言葉からスタートした。

 経験値が少ない分をカバーしようと、ランニングやウエイトトレーニングなど、練習の量も質も前シーズンよりも上げた。当然、身体への負担は大きくなったはずである。だが、練習や試合に参加できないほどのケガを負った選手はひとりも出なかった。おかげでシーズンを通して1ピースも欠けることなく、ベストの状態で試合に臨むことができた。それがチームの実力を遺憾なく発揮した要因のひとつとなったことは言うまでもない。

 では、激しいコンタクトプレーの多い競技であるにもかかわらず、大きなケガに見舞われずに済んだ要因はどこにあったのか。大木の口から飛び出したのは“超回復”という言葉だった。

「トレーニングで身体に負荷がかかると、筋繊維が破壊され、一時的に体力が落ちます。そのまま十分にリカバリーをせず、身体が回復しようとしている時に再び刺激を加えると、さらに体力が落ちてしまいます。これを繰り返すと、疲労が蓄積し、身体への負担が大きくなるんです。これが練習への意欲や集中力の低下といったメンタル面にも影響を及ぼし、ケガを起こしやすくする要因となります。つまり、強化しようとして行なっているはずのトレーニングが逆効果となるわけです。そこで重要なのが、回復力を生み出すトレーニング後のケアや食事、睡眠です。これらをしっかりととることによって、フレッシュな状態で次の練習に臨むことができます。そして、身体を元通りの状態にするだけでなく、回復レベルを上げ、前日、1週間前、1カ月前よりも強い身体をつくろうというのが“超回復”。疲労を残さず、より元気になって、グラウンドに戻ってこようというわけです」

 帝京大学ラグビー部が“超回復”をテーマのひとつにしている根底には、「選手の安全が第一」という岩出監督の思いがある。激しいコンタクトプレーが多いラグビーでは、ひとつの判断ミスが命取りになる。常にその危険性と隣り合わせにあるのだ。だからこそ、重要なのが “予防”だ。「いかに未然にケガを防ぐことができるか」。その第一歩が“超回復”というわけだ。そして、“超回復”への先導役が大木をはじめとしたアスレティック・トレーナーを含むメディカルチームのスタッフだ。「“事が起こってからでは、どうしようもない”事を多く見てきたアスレティック・トレーナーだからこその役割」。大木はそう感じている。