経済・財政
黒田・日銀の超金融緩和策は、デフレ脱却に向けた大胆な"賭け"である!
〔PHOTO〕gettyimages

 4月4日、日銀の金融政策決定会合で、市場の予想を上回る金融緩和策の実施が決まった。従来の無担保コール翌日物を目標にした政策から、どれだけの額のお金を印刷して市中に供給するか、という資金供給量を目標とする政策に移行することとなった。

 日銀は向こう2年間にのうちに、資金供給量を現在の2倍にまで増やすという。その為、毎月購入する国債を現在の約4兆円から一挙に7兆円にまで増加させる。その他にも、株式のETF(上場投信)やREIT(不動産投信)などリスクの高い金融商品の購入額も大幅に増やす。

 こうした日銀の超金融緩和策に対して株式市場は驚きを持って反応し、日銀の発表当日と翌日の二日間で日経平均株価は400円を超える上昇を示した。為替市場でも、一時、1ドル=97円台をつけるの円安展開となった。

黒田新総裁の強烈なメッセージ

 今回の日銀の決定は、ある意味で黒田新総裁の金融市場に対する強烈なメッセージだ。同氏は、2年以内の出来るだけ早い時期に、消費者物価指数を2%まで引き上げて、わが国をデフレ状況から脱却させる、という強い意志を示したいのだろう。

 「そのためには、出来ることは何でもする」という姿勢を、具体的に表す必要があった。それが今回の日銀の決定につながった。金融市場の反応を見る限り、黒田新総裁の意図は十分に伝わったようだ。

 当面、金融市場は日銀の強いメッセージを尊重する動きを続けるだろう。具体的には、株式市場は短期的な紆余曲折はあるものの上昇傾向が続くだろう。為替市場では、円安のトレンドが大きく崩れることは考えにくい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら