[MLB]
杉浦大介「2013年シーズン見どころ」

ダルビッシュは“エース”へと進化するのか

 2013年MLB最初の“マスターピース(絶品のパフォーマンス)”は、レンジャーズの開幕2戦目に先発したダルビッシュ有よりもたらされた。

 4月2日のアストロズ戦で、ダルビッシュはなんと9回2死までパーフェクトを続ける快刀乱麻。最後の最後で無名選手にセンター前ヒットを許して大記録達成はならなかったものの、14三振を奪うほぼ完璧な投球で全米を騒然とさせた。

 ノーヒット・ノーランや完全試合の達成には、少なからずの幸運が必要だと考えられているのは事実ではある。しかし、この試合中に奪った27回という空振りの数は、過去5年のメジャーで2番目の多さ(1位は昨季、フランシスコ・リリアーノ(ツインズ、現パイレーツ)が記録した30回)だったことが示す通り、アストロズ戦でのダルビッシュの支配ぶりは紛れもなく本物だった。相手打線の弱さを差し引いても、見事な投球だったと言ってよい。

ダルビッシュを擁するレンジャーズのロン・ワシントン監督にとっても楽しみなシーズンとなるはずだ。

 1年目に16勝を挙げたダルビッシュの2年目に対する注目度はもともと高かった。「スポーツ・イラストレイテッド」誌電子版の今季大予想では、記者7名のうち3人がサイ・ヤング賞候補に推したほど。その高いポテンシャルが今季最初の登板でいきなり裏付けられたと言ってよいのだろう。

 もちろんシーズンはまだ始まったばかりで、これから先、苦しい時期も迎えるのかもしれない。しかし、今季のダルビッシュには完全開花への大きな期待がかかる。2013年は、“日本のエース”が“MLBのエース”にのぼり詰める年となるのだろうか。