アベノミクスが引き起こす財務省の地殻変動---かつて「雑局」と蔑まれた国際局と理財局がエリートコースに!?

 霞が関でよく使われるフレーズ「省の中の省」とされる財務省(真砂靖財務事務次官・1978年旧大蔵省入省)でいま地殻変動が起きつつある---。このフレーズに即して言えば、「局の中の局」である主計局が、これまで同省のスーパーエリート育成部局であった。

 一例を挙げよう。自民党一党支配の55年体制崩壊の契機となった93年の非自民連立の細川護煕政権誕生後、当時の小沢一郎新生党代表幹事と斎藤次郎大蔵事務次官(59年)が謀って「国民福祉税」導入を企図・失敗したことがあった。

 その斎藤氏は「10年に1人の大物次官」と言われたが、まさに主計畑のエリートコースを歩んで事務次官に上りつめた。主計局公共事業担当主計官 → 主計局総務課長 → 官房文書課長 → 主計局次長 → 官房長 → 主計局長 → 大蔵事務次官。「主計局に非ずんば大蔵官僚に非ず」という時代であった。

キーワードは「国際通貨マフィア」

 財務省は3月29日付の人事異動で、アジア開発銀行(ADB)総裁に転出した中尾武彦財務官(78年)の後任に古澤満広理財局長(79年)、古澤氏の後任に林信光財務総合政策研究所長(80年)を充てた。同時に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の国内調整総括官に起用された佐々木豊成官房副長官補(76年)の後任に古谷一之国税庁長官(78年)、古谷氏の後任に稲垣光隆関税局長(80年)がそれぞれ就いた。

 この中で注目すべきは古澤財務官である。官房審議官(国際局担当)から国際通貨基金(IMF)理事を経て昨年夏の人事で理財局長に就任した時点では、中尾財務官の後継有力候補は山崎達雄国際局長(80年)と見られていた。逆転人事である。キーワードは「国際通貨マフィア」である。