メジャー通算84セーブのストッパーが日本球界復帰
斎藤隆「故郷にチャンピオンフラッグを!」

楽天優勝の好材料
フライデー

B グラウンドでのジョーンズは、とても紳士的なんだ。春の紅白戦でマー君と対戦した後、ベンチで通訳を通じていろいろとアドバイスをしていた。「君の決め球のスライダーやフォークは、手から離れる瞬間に分かる。手元が見えないように工夫したほうがいいよ」と。試合後マー君は感激したように「一流の方のアドバイスで参考になる」と話し、さっそく投げ方を研究していた。

A ジョーンズやマギーなどの新加入の外国人にとっても、楽天はうってつけのチームだったと思うよ。

B 斎藤隆の存在か。

A そう。斎藤はジョーンズと '08 年にドジャースで、マギーとは '11 年にブルワーズで一緒にプレーしている。すでに見知った仲なんだ。

C フロントも斎藤の存在で救われたと思うよ。昨季まで外国人の対応を担当していたのが、ヘッドコーチだった田淵幸一さん(66)。その田淵さんが退団して後任が決まっていなかったのに、大物二人の加入でしょ。英語が話せてメジャー経験の豊富な斎藤の入団は、「棚から牡丹餅」だったんだよ。

B とにかく今季の楽天には、チームを上向かせる好材料ばかり。

A 番記者のひいき目抜きでも、優勝候補の最右翼にいるのは間違いない!

「フライデー」2013年4月12日号より