メジャー通算84セーブのストッパーが日本球界復帰
斎藤隆「故郷にチャンピオンフラッグを!」

楽天優勝の好材料
フライデー
たちばな・ようぞう '71年1月東京都生まれ。成蹊高から慶応大へ進学。高校時代には、日本代表候補に選ばれたことも。'99年度には慶大ラグビー部コーチを務めた。昨年8月から楽天球団社長

「まず右の強打者であること。そして昨季ヤンキースでジョーンズとともにプレーし、仲が良いというのが重要でした。自分が海外で野球をするなら、コミュニケーションがとれる友人と一緒のほうが当然いい。そうした二人を探していたら、たまたま両者とも好打者だったんです。昨年11月に戦略室を設け、米国の情報をいち早くキャッチするようにしていますが、その成果でしょう」

 補強したのは、マギー&ジョーンズの〝MJ砲〟だけではない。今季の楽天は、ドラフト、トレードなどで、17人もの選手の獲得に成功したのだ。

「よく大型補強と言われますが、選手の総年俸は昨季と変わっていない。ポリシーもなく有名選手を取っているわけではなく、将来の楽天を背負えるような有望な若手を多く集めているんです。野球選手のピークは投手が25歳、野手は27歳と言われています。二軍の設備や環境を強化し、その年齢までにきちんと若手選手を育てようと、三木谷オーナーとは毎週のように話し合っているんですよ」

 若き球団社長が就任し、メジャーの大砲と有望な若手を多数加入させた楽天。立花氏の次なる一手はなんだろうか。

「今季のイーグルスはここが違う!」記者&評論家座談会

スポーツ紙番記者A 今季の楽天は、投手陣が絶好調だね。オープン戦でのチーム防御率は、12球団トップの2・17。昨季のシーズン防御率が2・99だから、かなり順調に仕上がっているのが分かる。

評論家B ルーキーの則本昂大の存在が大きい。5試合に投げて3勝負けなしの、防御率1・44でしょう。WBCに出場したマー君が出遅れているから、星野監督は則本を開幕投手に指名しようと考えているらしいよ。