賢者の知恵
2013年04月05日(金)

高橋洋一著『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』
~序章「金融政策のレジーム・チェンジ」全文掲載~

upperline
「大胆な金融緩和によるデフレ脱却」を唱えるアベノミクスを市場は高評価。民主党政権時代の停滞がウソのように円安と株高が進み、景気回復の足音は確実に大きくなってきた。日銀新総裁のもとで本格的に金融緩和が実施されれば、日本経済は復活し、「失われた20年」で手にするはずだった「富」を取り戻すことができる---。

 10年以上も前からインフレ・ターゲット導入によるデフレ退治を主張し、安倍首相の経済ブレーンとして金融政策のアドバイスもしてきた筆者が、世界標準の最新理論と、豊富で具体的な事例・データをもとにアベノミクスが経済を回復させるメカニズムを平易に解説する。

 また、反リフレ派がまき散らすトンデモ理論---「金融緩和をすると国債が暴落する」「金利が急騰して銀行が大打撃を受け、金融システムが崩壊する」「ハイパーインフレが来る」「金融緩和は通貨安戦争を引き起こす」「物価が上がるだけで賃金は上がらないから、国民生活はますます苦しくなる」等々---を木っ端微塵に粉砕。あわせて、政府中枢の仕組みを知る筆者だからこそ見えてくる、「アベノミクスの死角」についても言及する。

 俗論・珍説に惑わされないために、財務省や日銀の「情報操作」に躍らされないために、そして日々の経済ニュースを正しく理解するために、必読の一冊。

 

序 金融政策の「レジーム・チェンジ」

安倍総理の金融知識

 「このたびの共同声明は、デフレ脱却に向けて、まさに金融政策において大胆な見直しを行うものであり、金融政策における画期的な文書であろうと思います。そして、このレジーム・チェンジともいえる新しい取り組みにより、われわれはデフレから脱却していかなければならないと思います」

 政府と日本銀行が「物価上昇率2%」を目標とする「インフレ・ターゲット政策」の採用を発表した直後、安倍晋三総理大臣はこういって日銀の政策転換を評価しました。「戦後レジームからの脱却」を掲げる政治家が「金融政策におけるレジーム・チェンジ」と表現したのだから、最大限の評価でしょう。「レジーム・チェンジ」とは、正確にいえば、金融政策における政策体系の転換です。

『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』
著者:高橋洋一
⇒本を購入する(AMAZON)

 たしかに2013年1月22日は、日本の金融史に残る記念すべき日となりました。激しい拒絶反応を示していた日銀がようやくインフレ・ターゲットを受け入れた。イギリスやアメリカなどの中央銀行ではすでに採用されている金融政策なのですが、なぜか日銀だけは頑ななまでに毛嫌いしていたのです。

 インフレ・ターゲットは、文字通り「インフレ目標」を、具体的な物価上昇率の数値として定める政策です。デフレに苦しむ日本の場合、実際の物価上昇率が「インフレ目標」にまで高まるよう、日銀が思い切った金融緩和を実施することになります。

 2012年12月に総理大臣に就任した安倍さんは、2006~07年の第1次安倍政権以来、2度目の登板です。総理を辞めた政治家が再び総理の座に返り咲くのは吉田茂以来のことだそうですが、「安倍再登板」がなければ、日銀が変貌することはありえなかった。これは間違いのない事実です。

次ページ  私は第1次安倍政権のときに総…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ