前泊博盛(沖縄国際大学経済学部教授)氏がスクープした外務省の極秘文書、『日米地位協定の考え方』の存在

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」号外(2013年4月4日配信)より
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」号外 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.24)「ロシアのイラクとシリアに対する攻勢」
―第2部― 文化放送「くにまるジャパン」 in 沖縄 発言録

「佐藤優直伝『インテリジェンスの教室』」文化放送「くにまるジャパン」 in 沖縄 発言録

邦丸: 今日の『くにまるジャパン』は沖縄県那覇市にございますROKラジオ沖縄の第1スタジオから生放送でございます。私と佐藤優さんはこの沖縄から、近所のおばちゃんハイサイ佳子アナウンサーは文化放送でお留守番ということです。

伊藤: はいっ!

邦丸: 今日は佐藤優さんのお隣にスペシャルゲストをお迎えしております。沖縄国際大学経済学部教授の前泊博盛(まえどまり・ひろもり)さんです。

 『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』という前泊先生が共著でお書きになっている本がありまして、このなかで佐藤さんが非常に注目すべきところがあるよということでした。

佐藤: 304ページから305ページです。これは新聞記者時代に前泊先生が中心になって外務省の秘密文書「日米地位協定の考え方」を手に入れるんですね。外務省の文書というのは、なんの指定もしていない「ヒラ」、外部の人に出してはいけないけれど秘密文書ではない「取扱注意」、次が秘密文書の「秘-無期限」──「秘」で期限がつくものもあるんですけれど、それは合意発表文の期限前のものです──、その上に「極秘」というのがあるんです。「極秘」には二通りあって、何部発行して何番目が誰のところにいったかということを記録する「極秘」と、記録していない「極秘」があるんです。

前泊先生が入手したものは、ちょうど真ん中ぐらいの文書で、外務省員だったら「必要ですから見せてください」と言えば誰でも見ることができる。しかし、外部に出してはいけないという文書で、これが外部に出たらかなり深刻なんですね。

前泊先生の本の304ページから305ページにはこう書かれている。

(「日米地位協定の考え方」の)全文スクープの後も外務省は「日米地位協定の考え方」を頑として認めませんでした。しかし、琉球新報の取材班はこの執筆者を探し当てることに成功します。当時は匿名にしていましたが、もう公表していいでしょう。その人物とは執筆当時、外務省条約局条約課の担当事務官だった丹波實氏。その後ロシア大使などを歴任し、既に外郭団体に天下っていた、その丹波氏のもとに取材記者を向かわせ、証言を得ることに成功しました。2004年1月9日のことです

これは爆弾情報ですね。今、このラジオを聴いて、内閣情報調査室と外務省は、「丹波さん、こんなことを話したのか。今日、報告書をつくらなければならないぞ」ということになりますから。

邦丸: 「日米地位協定の考え方」という文書をロシア大使などを歴任された元外務省の丹波實さんがお書きになっていた。その全文を当時、前泊先生がいらっしゃった琉球新報が入手した。

前泊: はい。

邦丸: 丹波さんに実際にお会いになって、「日米地位協定の考え方」について聞いているんですが。