収集、蓄積、共有まで。続々と登場・進化する新しいニュース・キュレーションサービス

 登録しておいたブログやニュースサイトの更新を簡単に閲覧できるサービス「Google Reader」が今年の7月1日に終了することになりました。その告知が3月13日にリリースされて以来、「ニュース記事をどのように発見、蓄積、そして共有するか」に関する記事や分析が、インターネット上で飛び交っています。

 新しい代替サービスとして注目を浴びている「フィードリー(Feedly)」について、あるいはスタイリッシュなデザインで以前から人気がある「フリップボード(Flipboard)」による誰もが編集者としてコンテンツを雑誌のように共有できる新サービスについてなどです。また、ヤフーに買収されたニュース記事の要約サービス「サムリー(Summly)」も、その買収額(約3000万ドル)と創業者の年齢(17歳)も手伝って、大きな話題となりました。

 以前から雑誌やニュースが好きで、特に海外のニュースをよく追いかけている私にとっても、新しいサービスが数多く登場する中でどのように自分の情報消費スタイルを調整すればよいか、試行錯誤の連続でした。そこで今回、本稿を書くことをきっかけに、一度自分のiPadのアプリを上記のように整理してみることにしてみました。

 情報収集から蓄積、そして共有に至るまでの主要なサービスをレイアウトしてみたので、順番に概要を紹介したいと思います。もちろん、こうしたツールには好みもありますし、目的によっても、「最適」といえるメディア・ツールには大きな個人差があります。あくまで試行錯誤中のプロセスとして参考にして頂けたら幸いです。

【1】ニュース発見・情報収集ツール

 まず紹介したいサービスは、Google Readerの代替サービスとして注目を浴び、同サービスの終了予告発表後、約3週間で300万人を超える新規利用者を獲得した「フィードリー(Feedly)」です。

 これは、「日頃から定点観測のために登録しているニュースサイトやブログサイトの閲覧に適している」として評価が急速に上がっているサービスです。タブレット、スマートフォン、そしてウェブのブラウザー上からも閲覧でき、さらに、自分が登録している溢れんばかりのニュース群から注目に値するものを自動検出して上位表示もしてくれます。

参照: 「Google Reader難民流入、Feedlyが300万人突破 - 有料サービスも計画 マイナビニュース(4/2/2013)

 次に紹介したいのは、「ザイト(Zite)」という、タブレットとスマートフォン用のニュース収集サービスです。ユーザーの興味・関心に合わせてニュースを自動的にキュレーションしてくれる秀逸なiOS・Androidアプリで、Twitterでの履歴やGoogleリーダーの購読内容をベースに、ユーザーが興味を持つであろう記事を集めて雑誌風に表示してくれます。

 Google Readerやフィードリーが、登録してあるニュースソースを分かりやすくレイアウトしてくれるサービスであるのに対し、「ザイト」は、個々のテーマに関する思いがけない有益なニュースを膨大なウェブ情報の中から探し出してきてくれます。

 また、ザイトを使えば使うほど閲覧履歴や嗜好パターンが学習され、より適したニュースが抽出されるようになります。残念ながら、日本語のコンテンツは対象外ですが、海外ニュースの情報収集サービスとしては欠かせないツールといえます。

 ザイトに近いサービスである「パルス(Pulse)」も人気のあるアプリです。「3月上旬にはリンクトイン社が買収か?」などと報道されており、こうした点からも、コンテンツ・キュレーションに対する注目ぶりが窺えます。

参照: "LinkedIn to Buy Pulse Newsreader for More Than $50M   by Liz Gannes, AllThingsD (3/11/2013)

 誰もが編集者となり、自分の興味を持っているテーマに関する「マガジン」を、スタイリッシュなプラットフォーム上で配信することができる---そんな魅力が話題のフリッポボードはいかがでしょうか?

 レイアウトは、雑誌好きにはたまらない美しさと洗練が感じられます。時間がある時に好きな雑誌やメディアを眺めるのにはよいのですが、目的意識を持って情報収集をする際には、どうしても利用する回数が低くなるのが、私の今までの体験です。現在、ウェブのブラウザーでの閲覧ができないこともあり、自分の雑誌を作るモチベーションも今のところはあまりまだ高くなっていない、というのが感想です。

 なお、最近の実感として、「普段どのようにニュースに接していますか?」と人に尋ねると、「だいたいツイッターかフェイスブックで見ています」と答える方の比率が増えているように感じます。私もツイッターやフェイスブックから情報を得ることは多いのですが、一方でいつも気をつけているのは、「自分が気づかないうちに情報が偏ってしまう」リスクです。

 あまり使われてない機能かもしれませんが、 ツイッターやフェイスブックの「リスト機能」を活用すれば、自分のタイムラインやフィードに何が流れてくるかを微調整することが可能になります。そうやって、より「質の高い偶然」に触れられるよう気を配っておきたい、と自分には言い聞かせています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!