山崎元「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

「プロ棋士 vs 将棋ソフト」の戦いから、人間とコンピューターの関係を考えた

2013年04月03日(水) 山崎 元
upperline

「先例の多い型を外して勝つ」やり方

 現役のプロ棋士5人と、「世界コンピューター将棋選手権」の上位5ソフトが団体戦で戦う「電王戦」が始まった。

 ここまで2局が指されて、1勝1敗だ。3月23日に行われた第1局目は、阿部光瑠四段が選手権第5位の「習甦(しゅうそ)」というソフトに勝ち、3月30日の第2局目は、選手権4位のソフト「ponanza」が佐藤慎一四段を破った。

 後者に関しては、現役の男性プロ棋士が始めて公開対局でコンピューターに敗れたとして、各メディアで大きく報道された。敗れた佐藤四段には少々気の毒な扱いだったが、恥じることはない。才能のある人間が鍛えるとこんなに強いものなのか、ということが十分に伝わる熱戦だった。

 筆者は、「将棋連盟ライブ」というスマートフォン用のアプリを使って、2局ともほぼライブで観戦したが、共に大変見応えがあった。正直なところ、コンピューターソフトという「異質な棋士」と人間との戦いが、ここまで面白いものになるとは思っていなかったので、驚いている。ルールだけでも将棋の分かる読者には、3局目以降の対戦を観戦することを強くお勧めしたい。

次ページ  筆者は将棋好きで、学生時代は…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ