雑誌
PCなりすまし事件 誤認逮捕の反省はゼロ
警察と検察「こんな捜査でいいんですか」

 容疑の物証を示さずに逮捕する警察。脅迫的な取り調べを行う検察。それを追認する裁判所。今回で改めてわかった。日本の刑事司法は何も変わっていない。

可視化に絶対応じない

「私は無実です。遠隔操作ウイルスを作ったり、使ったりしたことはありません。他の4人の誤認逮捕された方たちと同じどころか、ハイジャック防止法違反などという大きな疑いを掛けられて、とても困惑しています。拘束された現在の状態は私も辛いですが、家族はもっと辛いと思います。早く無実だとわかってもらい、自由になりたいです」

 遠隔操作ウイルスによる「PCなりすまし事件」で容疑者として逮捕された片山祐輔さん(30歳)は、3月21日に行われた勾留理由開示公判で、やや早口になりながら、しかしはっきりとこう述べた。

 片山さんは13時32分、手錠と腰縄を掛けられて、東京地方裁判所818号法廷に入廷。濃紺のボーダーシャツにシワの目立つチノパンをはき、髪はボサボサで、心なしか頬もこけている。この日までで40日間にも及ぶ長期勾留のストレスで痩せたのか、時折、ずり落ちたズボンを引っ張り上げる動作が印象的だった。

 弁護側は片山さんの勾留が不当なものであると裁判所に上申した。今回の公判は、それに対して東京地裁が勾留の理由を開示する場だった。片山さんは目をしばたたかせながら、裁判官の顔をじっと見つめていた。裁判所の判断に一縷の望みを掛けるかのように。

 警察や検察には可視化さえ了承してくれれば、取り調べに応じるし、黙秘はしないと言い続けてきた。

 しかし、何を恐れているのか、警察も検察も決して取り調べの可視化を認めようとしない。

 取り調べも行われないまま、ただ徒に自分を勾留し続けることで、彼らは自分が憔悴しきって「自白」することを狙っているのではないか。たとえ、その自白が真実でなくても—。

 だが、そうした片山さんの思いは届かず、東京地裁は「被疑者による証拠隠滅や逃亡のおそれがある」などとして勾留の必要性を認めたのだった。

 その法廷で、片山さんは13時48分から意見陳述を行い、裁判長に対し、冒頭のように自らが無罪であることを主張した。次ページに掲載したのは、片山さんが公判に臨んで準備した自筆のメモである。片山さんの肉声を続けよう。

「私は以前、(エイベックス社員の殺害予告事件などで)脅迫罪と名誉毀損罪で有罪になりました。そのときは他人の無線LAN回線に『タダ乗り』して、犯行予告を掲示板に書き込んだ。警察の取り調べで、自分のパソコンからそのサイトの閲覧記録と脅迫文書が発見されて、罪を認めました。実刑を受けています。