[サッカー]
大野俊三「ヨルダン戦で痛感した本田、長友の存在感」

 みなさんがご存知のとおり、日本は26日に行われたブラジルW杯最終予選ヨルダン戦に1-2で敗れ、予選突破を確定させることができませんでした。ホームで6-0の大勝を収めた相手に、なぜ日本は敗れてしまったのか。最大の要因は、普段のザックジャパンの戦い方ができなかったことでしょう。

香川は使われてこそ生きる

 ヨルダン戦は、MF本田圭佑(CSKAモスクワ)、DF長友佑都(インテル)を負傷で欠いた試合となりました。本田が務めてきたトップ下にはMF香川真司(マンU)、長友の左サイドバックにはDF酒井高徳(シュツットガルト)が起用されました。これまでのザックジャパンは、長友と香川のいる左サイドからチャンスを多くつくりだしてきました。しかし、ヨルダン戦の左MFには清武弘嗣(ニュルンベルク)が入り、生命線ともいえる左サイドの組み合わせがまったく異なったものになったのです。

 その結果、ヨルダン戦では左サイドからの攻撃が少なくなり、真ん中から切り崩していくかたちが多くなりました。守る側からしてみれば、人数が揃っている中央を攻め込まれても対応は容易です。ボール保持者をすぐ複数の選手で囲むことができますからね。

 日本としては香川の高いキープ力が生きれば問題なかったのでしょうが、彼はどちらかというと“使われて生きるタイプ”。守から攻へ移り変わる際にボールを受ける選手ではありません。今までは本田がトップ下でボールを収めることで、香川は前を向いてスペースへ動きだす時間をつくれていました。本田の欠場により、香川は持ち味を出しにくくなってしまったと言えるでしょう。

 長友の不在も響きました。彼は攻撃に移った時に、すぐにオーバーラップしてボールを受けられる選手です。左サイドで連係する香川の態勢が不十分な時は、長友がパスの受け手役になったり、相手の右サイドバックを押し下げる役割を担っていました。代役の酒井高は、時折いいオーバーラップもありましたが、上がるタイミングが遅れるなど、長友に比べると力不足と言わざるを得なかったですね。