「僕自身がダメ人間です」家入一真さん【第2回】
「一度ドロップアウトした子が、また頑張るための受け皿を作りたい」

[左]米田智彦さん(フリーエディター)、[右]家入一真 さん(Liverty代表、連続起業家/クリエイター)

【第1回】はこちらをご覧ください。

昔の友人や仲間に悪口を言われ、病みそうになりました

米田: 『僕らの時代のライフデザイン』という本でも書いたんですけど、僕は最近、「あいだ」という言葉をよく使います。「あいだを泳ぐ」っていう表現が好きなんです。「ネットとリアルのあいだを泳ぐ」とか、「会社をフリーのあいだを泳ぐ」とか。

家入: それ、いいですね!

米田: 結局、生きることって、「行ったり来たりすること」だと思っているんです。その往復の中で気づくことが、すごく大きいというか。

 「引きこもり」と「社交的」の両方を往復することがないと、自分の中で「内観」して考えることもできないし、外部から刺激を受けて、自分のそれまでのルーティンを破るような発見もない。振り子というか、「振れ幅」みたいなものが人間の中で大事なのかな、と思いつつあるんです。

家入: 作家の平野啓一郎さんが『私とは何か』という本で提唱している「分人主義」「分人思考」っていう考え方がありますよね。例えば、僕だったら、(ハイパーインターネッツ代表の)石田光平と会ってるときの「僕」と、米田さんと会ってるときの「僕」は違っていて、対面をしている人たちとの関係性の中で、いろんな複数の自分がいる、と。

 別に自分を使い分けてるとか、嘘をついてるとか、仮面をかぶってるとかじゃなくて、その時その時ですべて本当の自分だから、そういったものを全部ひっくるめて「本当の自分」だと。みんなが探すような「本来の自分」なんてない、みたいな・・・。平野さんはそういうことを書いていて、なるほどな、と思ったんです。

 そう考えると、例えば、ネットにおける自分とか、昔だと「ネット弁慶」って言い方がありましたけど、ネットじゃ活発だけどリアルだと暗い人だよねとか、そういうのがあった。やっぱり、ネットで不特定多数に対して発言している自分と、プライベートで友人と酒飲んでる自分と、どっちも本当なんですよね。

僕らの時代のライフデザイン
著者: 米田智彦
ダイヤモンド社 / 定価1,575円(税込み)

◎内容紹介◎

近年、働き方や暮らし方が多様化するにつれて、多くの人が自分なりの人生をデザインし始めています。パラレルキャリア、コワーキング、独自の経済圏、DIYリノベーション、デュアルライフ、海外移住・・・。こうした働き方・暮らし方を一部の著名人、経済的成功者だけのものだと思っていないでしょうか? 実は、日本にもすでに多くのライフデザイナーたちが存在します。人生は「選択」と「意志」次第で、いくらでも自由に設計することができるのです。家やオフィス、家財道具を持たずに旅しながら暮らす生活実験プロジェクト「ノマド・トーキョー」から見えてきた、新時代の働き方・暮らし方とは。

 最近、僕は本やTwitterやFacebookで、学生や若い人向けに、割と「自由に生きろ!」的なことを言っています。あれって、僕は本気で思ってるし、読んでくれてるフォロワーの大多数は、それを求めている人たちだと思うんです。

 僕は、そういった人たち向けにガーッと発信してる。その結果、どうなったかっていうと、元は仲の良かった友人とか、経営者仲間とかが、僕の悪口をいろんなとこで言うんですよ(苦笑)。

 「家入は最近、金がないくせに、『これからの時代、金じゃねえ』って言ってみたり、『新しい働き方』とか言い出して、そんなことになったら、俺らのスタッフはみんな辞めちゃうじゃねえか」とか「家入は『マナーとかどうでもいいんだ』みたいなことを言ってるけど、そんなのあり得ない」とか言われてて、それが回り回って僕の耳に入ってくるんですよ。

 「最近、家入さん、良くない噂をいっぱい聞きますよ」みたいなことを言われたりね。最初、僕、それで病みそうになりました。僕は、僕なりに考えてることをネット上で発言してるだけなのに、なんで実際の、本来なら応援してくれるべきみんなが、「家入、その通りだ」とは言ってくれなくても、「そういう家入もいるよね」みたいな感じで見守ってくれないんだろう、と思って。

 それで、すごく悩んで、「縁を切ろうか」ぐらいの感じだったんですけど、最近はそれも分かり始めていて、さっきの平野さんの話じゃないけど、米田さんに見せてる僕と、親に見せてる僕を同時に見た場合、きっと自分の知らない僕も見えてしまって、違和感を覚えたり、居心地の悪さを感じたりするんですよね。

 僕が不特定多数に対して見せてる顔が、プライベートで接している僕とあまりにも違うから、友人たちは気持ち悪くなっちゃったと思うんです。「最近、家入は綺麗事ばっか言いやがって」とか「酒飲んで楽しくわいわいやった家入はどこに行ったんだ」みたいな感じで。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら