佐藤優さんに質問
「佐藤さんの発言は外務職員のモチベーション低下につながるのでは?と心配しています」

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.010 質疑応答より
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.010 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.22)「習近平・プーチン会談でわかった中国外交の敗北」
 ■分析メモ(No23)「なぜ『主権回復の日』に沖縄が忌避反応を示すのか?」
―第2部― 読書ノート
 ■『教養としての経済学 生き抜く力を培うために』
 ■「アベノミクスをどう評価しますか? 地道なことを辛抱強くするしか道はない」
 ■『数えてみよう・無限を調べる』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定(5月初旬まで)

質問:細野さんの本で数学や経済学の基礎知識を身に付けることについて

 数学や経済学の入門書の分野において、細野真宏さんの本がベストセラーになっています。細野さんの本を用いて、数学や経済学の基礎知識を身に付けることについて、佐藤さんはどのように考えますか?また、細野さんの本を読まれたご経験があれば、細野さんの著作の中では、どの本が一番優れていると思いますか?(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 細野真宏先生の本を用いて、数学や経済学の基礎知識をつけるというのは、とても効果的なアプローチです。お勧めします。私は細野先生の本は、それほどたくさん読んでいません。私が読んだ中では、『極限がほんとうによくわかる本』(小学館)は、微分法の入門として、とても優れた本と思います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら