伊藤博敏「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

西武ホールディングスが筆頭株主サーベラスのTOBに反対を表明! 高圧的なハゲタカに反発する西武経営陣の"人間臭い"対立

2013年03月28日(木) 伊藤 博敏
upperline
西武ホールディングスの公式ホームページより

 西武ホールディングス(HD)は、3月26日、筆頭株主の米投資会社サーベラスによるTOBに反対を表明した。また、サーベラスは五味広文元金融庁長官ら3人の取締役起用を提案していたが、これにも反対の意向を示した。これにより、TOBは、経営陣の同意を得ない敵対的TOBに発展した。

 それにしても、どうしてここまでこじれたのか---。

双方にとって不毛な敵対的TOB

 普通に考えても、なかなか理解できない。

 サーベラスは、西武HDが再生する過程の2006年1月、約1,000億円の増資を引き受けて筆頭株主となった"恩人"である。対立が始まったのは、再上場が視野に入った昨年半ばからだというので、出資以来、6年半も友好関係を築いていたことになる。

 ところが、上場の際の企業価値(株価)を巡って、対立を深めていった。

 「サーベラスの提案では、西武鉄道の不採算路線や西武ライオンズの売却などが含まれており、当社の経営に影響力を強めることで、当社の中長期的な企業価値を毀損し、その結果、サーベラスグループ以外の中長期的に当社株式を継続保有する株主の皆様の共同の利益を害するおそれがあります」

 TOB反対表明の記者会見で、西武HDの後藤高志社長は、こう述べて、サーベラス提案は株主のためにならないと強調した。

次ページ  サーベラスは投資家のために1…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事