[BCリーグ]
福井・織田一生コーチ「考える野球でリーグ初優勝を」

 2013シーズンの開幕まで約2週間となりました。福井ミラクルエレファンツは、2月の合同自主トレーニングに続いて、今月15日からは春季キャンプがスタートしました。現在は各選手が課題をもって、練習に励んでいます。今季のスローガンは「Thinking」。ミラクルエレファンツは、昨季同様にバッテリーを中心とした守り勝つ野球を目指していきます。その過程の中で、各選手が「うまくなるために」「優勝するために」「NPBに行くために」、ひとつひとつのことに対して「なぜそうなったのか」を自分自身で考えていき、さらなるレベルアップを図ります。

 20日には、エディオン愛工大OBブリッツと練習試合を行ないました。この試合では、選手の確かな変化を感じ取ることができました。それはベンチ内での選手の態度です。次の打席のために、各選手が相手投手を研究するなど、きちんと準備をしていたのです。昨季までは、わかってはいるけれどもやらない選手が少なくありませんでした。既存の選手が昨季やってきたことを、より理解を深め、そして新人選手はチームが目指す野球を理解しようとしている何よりの証でしょう。

 さて、20日のエディオンとの練習試合では課題も見えました。まず投手陣に関して言えば、四球やムダなボール球をなくそうというもの。そして野手は、積極的なバッティングです。まだ振り切れていない選手が多くいました。その要因のひとつとして、バッテリーの間合いに合わせてしまい、主導権を自分の方にもってくることができていないのです。いいバッターというのは、自分の間合いで打っています。それができるようになると、試合でも練習通りの自分のバッティングができるようになると思います。