[裏方NAVI]
花谷遊雲子(管理栄養士)<後編>「選手の“本気”に挑む“覚悟”」

 管理栄養士・花谷遊雲子にとって、忘れられない“勝負”がある。
「花谷さん、相談があるんです。今の私のダイエット方法では、続かないと思うんです」
 2004年、4年後の北京五輪の代表候補選手を決める選考会を2週間後に控えていた頃のことだ。あるシンクロナイズドスイミングの代表候補選手が、減量に苦しんでいた。それまでは自らアドバイスを求めに来るような選手ではなかったという。その彼女が、初めて花谷に悩みを打ち明けたのだ。それだけ北京五輪にかける思いは強かった。

 彼女は、それまでも強化指定選手に選ばれていたが、五輪代表選手につながるAチームではなく、いつもBチームに甘んじていた。当時大学1年生だった彼女にとって、北京五輪は最後のチャンスだと考えられていた。シンクロナイズドスイミングは1日8時間の練習が課せられる。その練習に耐え抜くには、一般女性の食事よりも量もカロリーも多く摂取する必要がある。だが、10代後半から20代前半にかけて女性ホルモンの分泌が活発になることで女性は太りやすい体質になる。その選手も19歳と、まさに年齢的な発育による体質が大きくかかわっていた。

 どの競技においても、身体の変化がパフォーマンスに大きく影響を与えるため、体重の変動が大きくなりやすい10代と20代との境目の時期に悩む女性アスリートは少なくない。特に、シンクロやフィギュアスケートのような審美系の競技は、見た目にも気を配らなければならない。そのため、その選手はほとんど絶食状態での過酷なダイエットを行なっていた。だが、それが長く続くはずはなかった。結局は、過食に走り、絶食と過食が繰り返されるという辛い悪循環に陥っていたのだ。