髙橋洋一さんの新刊『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』発売のお知らせ

私たちの暮らしは? なぜおカネを刷れば景気がよくなるのか?
正しい理論をお教えします!

 日銀にも「リフレ派」の黒田新総裁が誕生!
 市場は「アベノミクス」に敏感に反応し、円安・株高が着々と進行している。
 20年に及ぶデフレで失われた富を取り戻すチャンスがやってきた。

著者は10年以上前からインフレ・ターゲット導入によるデフレ脱却を唱えてきた「リフレ派」の第一人者。
世界標準の最新理論と豊富で具体的な事例・データをもとに経済を回復させるメカニズム、アベノミクスのすべてを平易に解説し、俗論・珍説を完全論破する。

 俗論・珍説に惑わされないために!
 財務省や日銀の「情報操作」に躍らされないために!!
 そして日々の経済ニュースを正しく理解するために!!!
 必読の一冊

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる
著者:髙橋洋一
価格:1,260円(税込)
髙橋洋一(たかはし・よういち)
嘉悦大学教授。1955年生まれ。東京大学理学部数学科、経済学部経済学科卒。80年に大蔵省(現財務省)入省。プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官、総務大臣補佐官、内閣参事官などを歴任。2007年に「霞が関埋蔵金」の実態を公表し、オール霞が関を敵に回す。08年に退官。現在は政策コンサルティング「政策工房」会長、大阪市特別顧問も務める。
プリンストン大学時代には、ベン・バーナンキ(現FRB議長)の薫陶を受け、小泉政権では竹中平蔵総務大臣のブレーンとして活躍した。アベノミクスの目玉である「インフレ・ターゲティング」の導入を早くから主張し続けてきた、いわゆる「リフレ派」経済学者の一人でもある。
・Amazonでご購入の方はこちら
・楽天でご購入の方は
こちら