[WBC]
佐野慈紀「初回にあった準決勝の敗因」

 第3回を迎えたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、ドミニカ共和国の初優勝で幕を閉じました。3連覇を目指した日本は、残念ながら準決勝でプエルトリコに敗れ、ベスト4に終わりました。予選から綱渡りの試合が続いていましたが、決勝ラウンドに向けて、それなりにうまく調子を上げることができていたように感じていました。それで負けたのですから、仕方がありません。この4年間で確実に他国・地域、特に中南米の野球のレベルが上がりました。それが結果として表れたのだと思います。

 さて、準決勝のプエルトリコ戦ですが、一番に思い出されるのは8回裏の井端弘和(中日)と内川聖一(福岡ソフトバンク)のダブルスチールという人も少なくないのではないでしょうか。マスコミもこの場面を最大の敗因のように取り上げていたと思います。しかし、私は敗因は他にあったと思っています。このダブルスチールは、単なる結果論でしかありません。

 まず、「4番・阿部慎之助の打順だったのだから、スチールなんかせずに、阿部に託すべきだったのでは」という意見があります。私見を述べさせてもらえば、私もそうしてもらいたかったというのが正直なところです。確かに阿部はそれまで結果を出していませんでした。しかし、山本浩二監督は「今大会は阿部と心中する気持ちで挑む」と語っていたはずです。

 思えば4年前の第2回大会では、チームの大黒柱であったイチロー(ヤンキース)が大スランプに陥っていました。しかし、当時の原辰徳監督はイチローを使い続けた。その結果、あの決勝での決勝タイムリーが生まれたのです。今大会も、山本監督には最後まで阿部を信じきって欲しかったのです。もちろん、阿部に圧し掛かるプレッシャーは相当なものがあったことでしょう。打てば英雄、打てなければ戦犯扱いだったかもしれません。しかし、それも阿部は覚悟していたはずです。そして、選手を信じ切って精一杯戦い、それで力が及ばず負けたのなら、ファンも納得したのではないでしょうか。