福島第一原発事故の内幕を圧倒的なリアリティで描いた、船橋洋一さんの新刊『カウントダウン・メルトダウン』

 船橋洋一さんが新しく本を出しました。『カウントダウン・メルトダウン』という本です。これはいろいろな意味でおすすめなのでみなさんぜひお読みください。大推薦です。実際に船橋洋一さんにこの本についてインタビューもしました。しばらくしたら現代ビジネス上で公開される予定です。それもお楽しみに。

 船橋洋一さんは朝日新聞の主筆だった方です。主筆とは読売新聞の渡辺恒雄さんと同じ肩書き。渡辺恒雄さんのようなアクのある人ではないのですが、朝日新聞の主筆という、ある意味、第3の権力の中枢にいる人だったわけです。その人が一記者に戻って、それもベテランのジャーナリストとして記者魂全開で書いたのがこの『カウントダウン・メルトダウン』です。

誰にもゲームプランは持ちようがなかった

 この本の魅力はなんといっても圧倒的なリアリティです。福島第一原発事故の内幕を赤裸々に書いています。イメージ的にいえば、タイムマシンに乗って実際の会話を聞いているような生々しさです。当時の菅首相がイライラして怒鳴りまくっている様子も、その場にいて彼の怒鳴り声にこちらもイライラするような臨場感です。原子力安全委員長の斑目(まだらめ)春樹氏が菅首相に怒鳴られて、心臓がバクバクしている様子や鼓動が伝わってきます。

 上下巻でそれぞれ450ページ前後ある。また圧倒的なインタビューの数なので、登場人物がとても多い。細かいディティールの塊です。そして面白いのは普通、このような本はどこかに決め付けがあって、その仮説を埋めるように構成されているのだけれども、あえてその判断をなるべく避けている。現場で何が起きていたのかというディティールを積み上げることで、全体構造を浮かび上がらせているところが面白い。

 この本を読んで驚くのは、そもそもゲームプランを持っている人がいなかったということです。原発の事故はそれこそ想定外のことであったのでゲームプランは持ちようがなかったのでしょう。そもそも2011年3月11日は、菅首相が外国人献金問題の件を国会で追求されていた最中でもありました。むしろ菅氏は震災を「チャンス」だと思っただろうというのは想像に難くないわけです。

 官邸はもとより、原子力村と言われている人たちも東京電力にも経済産業省にも防衛省にも、ゲームプランはなかったわけです。もちろん、事故対応についての手続き的なことはあるけれども、実際にはそれが現実化することを想定していなかったので、実際には場当たり的な対応になっていきます。おそらく、メンバーが違っていたら別の結果になっていたという恐ろしさがあります。

 それこそ首相が違っていたり、東電の社長が違っていたり、原子力安全委員や保安院のメンバーがそれぞれ違っていたりしたら、結果が変わっていたかもしれなかったというのは、この本を読んでゾッとするところです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら