upperline

【第1回】はこちらをご覧ください。

なぜ韓国人は日本人より元気なのか

安藤: 起業を含めた働き方という点で、たとえば韓国ではどうなっているんですか? 韓国は、日本以上に激しい受験戦争があったり、今も財閥が強い力を持っていたりしますよね。

 あと、日本と割と会社の成り立ちが似ていたり、社会構造の共通項も多い。ただし、サムソンやヒュンダイの業績が良く、LINEも生み出すなど、日本と違って国全体に元気があるように見えます。

 私はオランダに留学していた時代、隣の部屋に住んでいた韓国人と仲良くなったりして、ソウルに住んでいる友達が何人かいるんですよ。それでときどき韓国に行くんです。企業だけではなく、向こうの若い人たちも元気ですよね。

古市: 韓国は、日本からだと元気に見えますよね。ただ、サムスンやヒュンダイなど一部の輸出企業だけが収益を出しながら、それが多くの国民には還元されていないということが、最近では大きな社会問題になっています。

安藤: 先ほどの「機会」や「結果」の平等という話でいうと、韓国では、一人一人がきちんと目標にコミットして、良い結果を出そうとしているように思います。私の周りにも、勉強して外交官になった人とか、英語力を磨いて新聞社に入り、ニューヨーク特派員として活躍している女性とか、アメリカなどでの海外経験を生かして輸入業のビジネスで成功した人など、良い地位を得ている韓国人が何人もいます。そして、そういう人たちが割ときちんと評価される。

 良い大学に入って、企業に入って、独立して、成功して・・・というふうに結果を出している人たちの多くが、正当に扱われているわけです。でも日本では、そういうことがあまりないように思うんです。

古市: ないですね。日本では特に女性が大変で、それは、多くの女性が社会に出て働くようになってから、まだあまり年数が経ってないからだと思います。一般の大企業では、せいぜい40代か50代の女性管理職がちょうど出始めたぐらいでしょう。ロールモデルがいないんですね。

 だから、テレビに出ている女性の識者なんかを見ても、本当に一部のすごい人ばかりじゃないですか。自分で会社を起こして成功した人とか、公認会計士とか、学者とかばかりで、普通に頑張って仕事をしている女性のキャリアというものが、まだあまり確立されていない。それで女性が働きにくくなっているという部分があると思います。

 特に、子供を産んでからのキャリアが大変。海老原嗣生さんの『女子のキャリア』という本に、そのあたりの構造が詳しく書いてありました。

次ページ  韓国も、その状況はよく似てい…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事