賢者の知恵
2013年03月30日(土)

"中学受験の神様"日能研・小嶋隆社長に訊く 【後編】
プリント学習より効果的なやり方で、生徒たちの才能を伸ばします

upperline
株式会社日能研関東代表取締役社長の小嶋隆氏

【前編】はこちらをご覧ください。

取材・文 / 上阪徹

今後も高校受験や大学受験には進出しない

---どうして日能研は、中学受験塾ナンバーワンという今のポジションを築くことができたのでしょうか?

 日本社会で中学受験を一般化させたのは日能研だと思います。私立中学との関係性を深めながら、新しい流れを作ってきたわけです。そして日能研は、中学受験だけに特化してきた。

 有名進学塾の多くが、高校受験にも大学受験にも対応した大手資本ですが、僕たちは中学受験しかやりません。さまざまな分野に多角化して成長を狙うという戦略もありますが、あえてそうせずに、得意分野に資源を集中するという戦略もある。僕たちは、後者を選択しているんです。

 いろいろな私立中学から高い評価を頂いているのも、僕たちが中学受験だけに集中しているからかもしれません。他の大手のように、「中学受験でうまく行かなくても、高校受験や大学受験で儲ければいい」ということはできないんです。

 大学受験は巨大なマーケットです。でも、僕たちは中学受験のマーケットを自分の力で大きくし、頑張るしかないと考えている。ある意味で必死にならざるを得ない立場ですが、このことも強みになっていると思います。

 一方で、保護者の皆さんから支持を頂いてきたのは、何よりも、他塾がやっていないことを開拓してきたからでしょう。日能研の創業者で今は会長を務めている父は、もう現場に口出しすることはありませんが、もし何か言うとすれば、「他塾のやっていないことを考えろ」の一言だと思います。

次ページ ---今後の日能研の経営につい…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事