[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「チーム内の“井端”を探せ」

左腕・吉川のクローザー案

 開幕まで、あと2週間ちょっと。実戦を重ね、結果はいい時も悪い時もあるものの、チームの仕上がり具合は概ね順調です。中でも大きなケガ人が出ていないことが一番です。昨季は負けが込んだ上に、故障者が続出し、負のスパイラルに陥ってしまいました。1年前のチーム状況を1とすれば、今は6、7まで来ているのではないでしょうか。

 投手陣では経験豊富な野原慎二郎、吉川岳の2本柱がいい状態なのが好材料です。ここへ6年目の山中智貴、移籍2年目の井川博文が先発候補として加わり、ローテーションはある程度、計算できそうです。

 先発が頭数が足りるのであれば、吉川を抑えに回すこともプランとして考えています。その理由のひとつは、現在のピッチングスタッフを見回して、彼が一番安定しているからです。抑えは何より点を取られないことが大切。その意味で、走者を出してから粘れる吉川はクローザーの条件を満たしています。

 もうひとつ彼は昨季、肩の故障で戦列を離れました。サウスポーとしてスカウトからは注目されていた存在だっただけに、改めて復活をアピールする必要があります。そのためには、まず短いイニングを任せたほうがいいのでは、と考えました。最終的な役割分担はドミニカ共和国からやってくる新外国人左腕のフアン・グルジョンの適性を見て判断することになるでしょう。

 打線ではクリーンアップのメンバーが固まりつつあります。前回も紹介した新人の河田直人、一昨季のホームラン王・迫留駿、そして韓国人の安峻亨です。特に安は4番を任せられそうな強打者です。12日の広島2軍戦でも二塁打を放ち、調子は上向いてきています。安の脇を河田と迫留という若い2人が打ち続けてくれれば、いい打線ができるでしょう。

 そして、ドミニカから内野手のデイビー・バティスタもやってきます。彼は身長170センチと小柄ながら、シャープなスイングが売り。昨年は埼玉西武の入団テストを受け、育成選手としての獲得が検討されたと聞いています。彼にはトップバッターはもちろん、状況によっては3番や6番といった打順を任せる構想です。もちろん1番はこれまで俊足の村上祐基も打ってきましたから、いい競争になるとみています。