ストカスティックなプロセスで考える ~未来デザイン(設計)学入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
リチャード・ワトソンが予測した「絶滅のタイムライン(Extinction timeline 1950-2050)」

2016年に「退職」という概念がなくなる?

 作家で戦略家のリチャード・ワトソンが興味深い予測を発表した。1950年から2050年までに「この世からなくなるもの」を予測してまとめた「絶滅のタイムライン(Extinction timeline 1950-2050)」(※)だ。

 これによると2016年に「退職」という概念がなくなるかもしれないという。その理由を推定すると以下の3つが挙げられる。

 第一は、職のフラグメント化だ。従来一人の人間が行っていた仕事を、複数の人で分担し得意なタスクを行う、フレキシブルなパートタイム制が導入されるため、経験豊富な高齢者がその一端を担いうる。

 第二に、時空制限に囚われずに働くノマドワークスタイルの普及により、例えば入院中であっても、病院にいながら働くことも可能になるかもしれない。

 第三が、能力主義による職の配分。年齢とは無関係に、能力がある人に仕事を任せるようになるため、職種によっては高齢者も活躍できる。

 もちろん前提としては、高年齢者雇用確保措置年齢(定年)の延長や、高齢者医療の充実が必須だろう。

※ 詳しくは「坂井直樹のデザインの深読み」を参照いただきたい。

 この「絶滅のタイムライン」を眺めると、時代の変化がくっきりと見えてくる。

2009: 繕い物
2014: 迷子
2016: 退職
2019: ライブラリ
2020: 著作権
2022: ブログ、スペル、モルディブ
2030: キー
2033: コイン
2036: ガソリンエンジン搭載車
2037: 氷河
2038: 平和と平静
2049: 物理新聞、グーグル
2050~: 醜い容姿、国民国家、死

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク