第2回 ローレンスビルスクールにみる米国の「御三家的」名門中高の実情とは!?

米国にも私立名門中高がある

 筑駒、開成、桜蔭、女子学院、麻布、武蔵、雙葉、灘、ラ・サール---皆さんも一度は聞いたことがある中学や高校ではないでしょうか。では、Lawrenceville School, Hotchkiss School, Phillips Academy, Deerfield Academy, Phillips Exeter Academy, Thacher School, St. Paul's School, Choate はいかがですか?

 ほとんど知っている方がいないのではないでしょうか。これらの学校は、世界が注目する名門中高です。毎日のように世界中からトップエリートたちが学校見学に行っています。先日筆者がThacher Schoolを訪問した際は、世界10ヵ国から25名が見学に来ていました。

 こうした学校の卒業生の半数は、アイビーリーグに進学します。HotchkissやPhillips Academy、 Phillips Exeterは、10名以上をハーバード大学に送り込むことでも有名です。Phillips Exeter卒業生で、その後スタンフォード大学で博士課程を修了、現在はコロンビア大学で教鞭をとる清水薫さんは、Phillips Exeterからの繋がりが後のキャリアの大きな原動力となったとおっしゃっています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら