雑誌
ぶちぬき大特集アベクロでGO! アベクロ・バブルの教祖新たな「お告げ」
浜田宏一登場「株高と円安私にはここまで見えている」

〔PHOTO〕gettyimages

 かつての日本は、バブル経済に沸いていた。30代以下は未経験の、あの好景気の世の中が再び現実のものとなる。安倍首相と黒田日銀総裁がもたらすアベクロ・バブルの世界に、ひと足早く案内しよう。

アベノミクス「私が育てた」

「3月19日に日銀の白川方明総裁が退任し、黒田東彦新総裁が就任します。黒田総裁に岩田規久男、中曽宏の両新副総裁を加えたトロイカ体制の出帆で、いよいよ日本経済復活に弾みがつくでしょう」

 こう笑顔で語るのは、アベクロ(安倍・黒田)・バブルの〝教祖〟と崇められているイェール大学名誉教授の浜田宏一・国際金融担当内閣参与(77歳)だ。

 アベノミクスに黒田総裁が加わったアベクロ・バブルで市場は沸き立っている。

 3月7日の東京証券市場は、ついに日経平均株価が1万2000円の大台に乗った。実に4年5ヵ月ぶりのことである。

 その前日も、NY市場の5年5ヵ月ぶりの史上最高値を受けて、ほぼ全面高となり、日経平均株価は248円も上昇した。

 カブドットコム証券の証券マンが語る。

「7日には1万2000円超え記念で社員全員に500円玉が配られました。このところ、兜町界隈の高級寿司屋やうなぎ屋などに客足が戻ってきており、ミニ・バブルの活況を呈しています。これで銀座の高級クラブにも客足が戻れば、本物のバブルだと言っています。若い社員たちはこれまでバブルを経験したことがないので、'80年代のバブルを味わわせてやりたい」